last update 2017年9月28日 12:40

Amazonが4K・HDR対応の新Fire TV(2017)を発売。10月25日に

fire_tv_2017_new_model

Amazon.co.jp は、4K・HDRに対応した新型 Fire TV の予約受付を開始しました。

価格は8,980円(税込)。発売日は2017年10月25日。

Fire TV は、リビングなど寛いだ環境での動画視聴に向いたHDMI 接続型のセットトップボックス。使いやすい音声検索対応リモコンが標準添付されています。

今モデルの最大の特徴は、画質の向上。今年発表された Fire TV Stick(2017) は1080p・60fps まで、旧 Fire TV(2015) は 4K・30fps までの対応でしたが、発表された Fire TV(2017) は新たに 60FPS・4K Ultra HD に対応。また、HDR10 にも対応しました。

ボックス型だった旧モデルとは異なり、今回は Chromecast のようなペンダント型へと進化。リビングの設置面積は貴重ですから、これは歓迎できる変更と言えそうです。

注意が必要なのは、有線LANへの対応。Fire TV(2015) では有線LANポートが本体直付けでしたが、Fire TV(2017) では、イーサネットアダプタが別売りとなりました。その分、本体価格が安くなっていますので、特に問題とは思いませんが、最近では無線LANもかなり速くなりましたし、想定よりも利用者が少なくなってきた、という事なのかもしれません。

また、海外では Alaxa Voice Remote への対応が謳われていますが、国内では現時点では非対応とされています。

 

性能が低く安価な Fire TV Stick に対し、今回発表された Fire TV はハイエンドモデルという位置付けの製品になります。

再生環境や予算、また有線LAN接続の必要性などに応じて、Fire TV / Fire TV Stick のどちらかを選ぶ形となるかと思いますが、ここまで安価になったなら Fire TV でいいかな、という気もしてしまうところです。

Fire TV は、AmazonプライムビデオやAmebaTVなどの鑑賞、YouTube のキャストなどに大変便利や必需品とも言えるガジェットです。プライム会員の方なら、まず損にはならない買い物になると思います。

 

ということでウチも予約しておきました。

コメントを記入

CAPTCHA