last update 2017年10月4日 17:58

日本人のアウェー感が凄い。ビリヤニが美味いインド料理屋「パンジャーブ」はパキスタンの香り

ichinomiya_punjab_review_2

よほどでない限り近場のネタは避け気味でやってる管理人ですが、今回の店は、世の好事家の皆さまに喜んでもらえそうだなー、と思える感じだったので紹介しておきます。

愛知県一宮市にあるインド料理屋「パンジャーブ」です。

実は、以前から気になっていたお店のひとつなのですが、なにぶん、店頭にはナンバーの外れた事故車が一杯。そして、どの看板が店の名前か分からない謎の雰囲気。とかとかで、とにかく入りづらくってもう。

しかしながら、変わり者好きであるところの嫁氏の妖怪アンテナが極度に反応している様子だったのと、お隣の輸入食品店がこの辺にしてはあり得ないくらい品揃えが良かったこともあり、勇気を出して入店してみることにしました。

店頭には、「インドカレー レストラン カムイ」の看板が。しかしこれはフェイク。騙されてはいけません。
ichinomiya_punjab_review_7

HASEEB(ハシーブ) HALAL FOOD の看板もありますが、こちらはお隣のハラルフードストアの看板です。
ichinomiya_punjab_review_5

というわけで、こちらの「パンジャーブ(PUNJAB)」が正式な店名になります。
ichinomiya_punjab_review_9

店内のテレビでは、パキスタンの国営放送「Dunya」が放映中。いきなりウルドゥー語全開と来ました。
ichinomiya_punjab_review_3

というかこの店、目に付くころにはほとんど日本語が見当たりません(というかゼロだったかも?)。

が、心配する事なかれ。ちゃんと日本語メニューは用意されています。
ichinomiya_punjab_review_10

もっとも、ウチの嫁がこんな普通のインドカレーを食べる玉でないのは明らかなので、次のページからが本番。

おなじみのナンだけでなく、インドの無発酵パン「ロティ」も普通に置いてありますし、(小さくてわかりにくいかもなのでスマホの方は拡大してもらうといいかも。)
ichinomiya_punjab_review_11

サフランライスもビリヤニも用意されています。(失礼ながら)日本語検定5~6級くらいの感じの店員さんが、片言で今日のスペシャルビリヤニはマトンだと教えてくれました。チキンの日もあるようです。
ichinomiya_punjab_review_13

東海圏とか愛知・岐阜・名古屋近隣で予約なしでビリヤニが食べられる店は割と珍しいので、この1点だけでも非常に貴重なお店。ビリヤニって手間が掛かる料理なんですよね。(この日が日曜日だったので、たまたま用意されていたのかもですが)

サイドメニューはこんな感じ。パパドもあるし、混ぜ食べ派には欠かせないヨーグルトソースとでも言うべきライタまでちゃんとある。
ichinomiya_punjab_review_12

ビリヤニとライタをセットで頼んだら、店員さんが急に満面の笑顔に。「ライタ、ビリヤニ、すごい合う」と教えてくれました。ありがとう。知ってたよ。

とりあえず、スペシャルビリヤニを中心に色々とアラカルトで頼んでいたら、こちらが日本人ということもあってか「カレーは頼まないのか?」と聞かれたので、好物のアルーゴビ(カリフラワーのスパイス炒め)を注文。しかし、品切れらしく、無難なところでマトンカレーに変更。

ということでオーダーは完了です。

さっそく、頼んでいなかったサラダがサービスで出てきました。
ichinomiya_punjab_review_15

次に出てきたのはビリヤニ。ちゃんときちんとバスマティライスです。ぶつ切りのマトンがこれでもかと入っています。
ichinomiya_punjab_review_16

続いて出て来たのはライタ。思い切ってたくさん混ぜ食べした方が美味しいので、ライタは人数分頼んだ方が良いかも。
ichinomiya_punjab_review_18

ライタを掛けたビリヤニのアップ。いい感じです。
ichinomiya_punjab_review_19

アソートタンドリーグリル。チキン、ティカ、シークカバブ(マトンのひき肉)、プローン(えび)の焼き物のアソートです。
ichinomiya_punjab_review_24

ここに来たら焼き物はぜひ頼んで欲しい。インド料理屋の焼き物はパサパサで嫌い、という人でもきっとここなら満足するはず。特に、海老とマトンはしっとりと柔らかく、珍しく感心しました。

最後に、無発酵全粒粉パンのロティと、
ichinomiya_punjab_review_21

マトンカレーが出てきてフィニッシュ。うーん、明らかに2人には多かった。
ichinomiya_punjab_review_22

こうなって来ると、カレーもライタもビリヤニに掛けて混ぜ食べモードに。至福の時の始まりです。
ichinomiya_punjab_review_2

混ぜたものを口の中で転がして幸せに浸っていると、知らない間に店内は海外の方でいっぱいに。あー、僕ら以外に誰も日本語喋ってないじゃん。。。アウェー感がヤバイです。

ちなみに外国人のみなさんのお目当てはやっぱりビリヤニ。なるほど、外国の方がビリヤニ分を補給しに来る店だから、ビリヤニが予約無しでも食べられた、ということなのかと納得しました。でも、中にはアルーゴビを注文して品切れでがっかりしていた方も。やっぱ食べたいよねぇ。アルーゴビ。

 

男性の方は髭を生やしてから行きたい感じのお店、ということもなく、ちゃんと異文化に対して理解と寛容があるタイプの人なら、地方にしては珍しいものが食べられる店、ということで、興味のある方なら楽しめるお店と思います。

ちなみに、隣接しているハラルフードストアは、パキスタンの Shan 製マサラの品揃えが素晴らしいお店。

この手の店は経営的にうまくいかないことも多いので、次回行く時にどうなっているかは分かりませんが、長続きして欲しい店のひとつと思います。

コメントを記入

CAPTCHA