last update 2019年3月13日 13:01

【騒音対策】給気口にサイレンサーを入れて静音化してみた(性能アップ編)

melcotec_silencer_review_2_sh

給気口から入ってくる騒音がうるさい、ってことで以前、グラスウールと発泡ウレタンのサイレンサーを設置してかなり効果が出たよー、という話を書きましたが、

最近、エアコンの季節が終わって室内が静かになったら、そのせいでまた外の音が少し気になるようになってきました。

ということで、今回はサイレンサーの性能アップをしてみたよ、というお話を書いておきます。

購入したのは、メルコエアテックのダクト挿入タイプ サイレンサー「AT-100SA」。

100mm 径のパイプに挿入するタイプのサイレンサーです。

各周波数帯ごとの防音効果については、公式サイトに詳しく説明がありますが、

共鳴型サイレンサーということもあってか、幅広い音域で30dB以上、という非常に高い効果があるのが魅力の製品になります。

さらに、もともとこの製品自体、24時間換気の自然給気口での利用を想定して設計されているため、まさに今回の用途にもピッタリの形状。

横から見るとこんな感じ。長さ80mm、太さは94.5mm+フィラーです。(一度取り付けたものを外して撮影したので、石膏が少し付いています)
melcotec_silencer_review_4_sh

外装は樹脂製のケース。真ん中には長方形の開放部があります。中に見えるのは消音材。素材は合成樹脂とのこと。
melcotec_silencer_review_5_sh

前回と同じように給気口に設置していきます。
melcotec_silencer_review_6_sh

ウレタンのフィラーのおかげで、かなりピッタリ収まりました。取り出すのは大変そうです。
melcotec_silencer_review_7_sh

サイレンサーを入れたら給気口を再取り付けします。
melcotec_silencer_review_9_sh

はい。元通りです。
melcotec_silencer_review_1_sh

今回のサイレンサーは長さが8cmあるので、設置場所のサイズを事前によく確認しておかないと、設置できない!なんてことになりかねません。というのも、壁の厚さは十分あっても、給気口のパーツの形状と干渉して取付けできない場合があるからです。

その点では、前回紹介した発泡ウレタン製のサイレンサーなら、強引に力をかければ多少は変形させて取付けできるので、融通が効きます。今回のサイレンサーは効果は高いのですが、硬い樹脂ケースに入っていてまったく変形しないため、購入前に設置計画を良く考えておく必要があるでしょう。

換気口の長さと合わないけれども、どうしても取付けたい!という場合は、プラスチックや発泡ウレタンなどで自前のフィラーを製作し、換気口全体を室内側に出っ張らせる、というアクロバティックな方法もなくはありません。(もちろん、その場合は、ネジの長さも変える必要がありますが)

うるさい場合は普段から換気口を閉じている、という人もいるかもですが、換気は大事ですからね。換気と防音を両立しつつ、フィラーを入れれば意外と見た目も気にならない方法ですから、似たような境遇でどうにも困っている、という方がいれば、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、緊急ならフィラー無しで取り付けて、見た目のことは後で考える。という手もなくはありませんが(苦笑)

コメントを記入