last update 2017年10月25日 12:39

スマホ版「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が11月下旬から配信予定

animal_crossing_pocket_camp_55

任天堂は、どうぶつの森シリーズ初のスマートフォン向けアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を11月下旬から配信予定と発表しました。

対応OSは、iOS および Android。

日本だけでなく、米国や欧州など計41カ国でリリース予定となっています。

今作では、ユーザーはキャンプ場の管理人という設定。素材を集めて家具を作ったり、他の住人からの依頼を受けてアイテムをもらうなど、ゆるーいキャンプライフを楽しむ感じ。
animal_crossing_pocket_camp_52

キャンプ場だけでなく、キャンピングカーのカスタムも可能。
animal_crossing_pocket_camp_31

キャンピングカーは2階建てにすることも可能。内装も自由に変えられます。
animal_crossing_pocket_camp_29

なお、「どうぶつの森」といえばお家のローンがゲーム上、非常に大きな要素となっていましたが、今作ではキャンピングカーのカスタマイズの際にローンを組むことになるようです。

課金要素としては「リーフチケット」が用意されます。大量の魚を一度に捕まえられる「とあみ(投網)」の利用や、時間がかかる家具製作時間の短縮などに使えるようです。
animal_crossing_pocket_camp_45

animal_crossing_pocket_camp_18

なお、リーフチケットは、「しずえチャレンジ」のクリアでも入手可能とのこと。
animal_crossing_pocket_camp_44

スマホアプリということで、フレンド機能も搭載。他のキャンプ場の様子も見れるようです。
animal_crossing_pocket_camp_39

このほか、あの「とたけけ」も登場するかも?
animal_crossing_pocket_camp_53

キャンプ場のデザイン、というと、あのハッピホームデザイナーを思い出してしまいそうですが、今作ではデザインのお題を出される感じではなさそうですから、ああいう事にはならないんじゃないかとは思います。

スマホとの親和性がかなり高そうなゲームですので、気がつけば年単位でプレイしている。なんてことになりそうな予感がします。

ソース:

コメントを記入

CAPTCHA