last update 2017年11月8日 10:52

Twitter、ツイート文字数の制限を280文字へ拡大。ただし日本語は対象外

3d pills with tweets

Twitter は8日、ツイート文字数制限を140文字から280文字へと拡大したと発表しました。ただし、日本語、中国語、韓国語は対象外となっています。

なお、言語設定が日本語のユーザーでも、英数字などの文字であればすでに280文字のツイートが可能となっています。

<英数字で280文字ツイート可能>
twitter_extends_tweet_letters_limit_to_280_2

Twitter は9月、英語のツイートの9%が140文字の上限に達していると発表。英語のツイートを140文字にまとめることの難しさが浮かび上がりました。Twitter ではこの調査結果を受けて、改善策として280文字への制限緩和のテストを実施していました。

当初は Twitter の簡潔さが失われないかが懸念されていましたが、テストの結果、140文字以上のツイートは5%。190文字以上のツイートは2%だったということで、タイムラインへの影響は少ないと判断したようです。

長文投稿ユーザーは Twitter の利用時間が長く、また、いいね、リツイート、@ツイートなども多いなど、エンゲージメントが高いことも今回の判断の背景にはあるようです。

なお、現時点において、ひらがな・漢字・全角英数記号などは2文字とカウントされるため、日本語ユーザーには実質140文字までの制限のままとなっていますが、半角英数記号は1文字とカウントされるため、例えば英語のみでツイートした場合は、280文字のツイートが可能です。

また、半角・全角混在の場合は、全角を2文字、半角を1文字とカウントして、計280文字までのツイートが可能となっています。

<全角では従来どおり140文字までのツイートが可能>
twitter_extends_tweet_letters_limit_to_280_1

ソース:

コメントを記入

CAPTCHA