last update 2017年11月28日 20:57

コストコのマグロ解体ショーでマグロの兜をGET。めちゃくちゃ美味しかった話し

costco_blue_fin_tuna_5_sh

先週末、全国のコストコ倉庫店でマグロの解体ショーが実施されると聞きまして、最寄りのコストコまで高速を飛ばしてきたのですが、ラッキーなことに、たまたま各倉庫店に2点しかない「マグロの兜」(半身のアラ)を、壮絶なじゃんけん大会の末に勝ち取れたのです

が、コレがあまりのデカさに料理から後片付けまで、終始、難儀するシロモノだったわけですが、お味の方は最高で「おウチご飯史」に残るくらいの旨さ。コスパもアホほど良く、しかも、おもしろ体験だったので、記事に書き残しておくことにしました。

その日は嫁さんの体調がすぐれないこともあって急いでいたこと、あと、まさかここまでの当たり飯だとは思わなかったせいもあり、肝心な写真はほとんど撮っておらず、特に、店内写真が1枚もないという酷い有様ではあるんですが、それでも書きたいくらい良かったんですってば。

あ、あと、けっこうグロい写真が出てきますので、そういうのが苦手な方は、今のうちに引き返してくださいね。モザイククリックでグロ、とかの親切設計じゃありません。生で勝負です。

今回、購入したのは「三重県産 加熱用生本まぐろあら」。
costco_blue_fin_tuna_7_sh

かの「寿司ファミリー盛 48貫」の入れ物に斜めに入れてなお溢れる凶悪サイズ。これは冷蔵庫が泣いて喚きます。こんなものはすぐに解体してやることにしましょう。

と、その前にスペックを確認。兜が半身でなんと2.7kgオーバーの重量。頭全体で5.4kgはある計算です。家で焼くにはにはデカいぞコレ。
costco_blue_fin_tuna_4_sh

ということで中身がこちら。美味しいことで有名な頬肉と目玉はキレイに取られていますが、
costco_blue_fin_tuna_10_sh

案の定、頭肉はぎっしり。ここ、ホントにうまいんですよねー。さっき解体したばかりですから、ここは一足お先に刺し身でいただくことに。控えめに言って100gちょいは取れたんじゃないでしょうか。
costco_blue_fin_tuna_13_sh

残りの部分は兜焼きに。が、このままでは我が家の電気オーブンには入り切らないのでバラします。(どうしていいのか分からず適当な道具を使っている)
costco_blue_fin_tuna_32_sh

どうにかこうにか、30L台の電気オーブンでも焼けるサイズに。
costco_blue_fin_tuna_16_sh

塩を多めに振って下味を付けたら、1時間冷蔵庫で寝かせます。その後、にんにく入りの酒で洗い流す予定。

というわけで格闘作業は終わり。

あとは待ち時間の間に生ものだけ先に食べておくことに。この日はホントに幸運で、じゃんけん大会で大トロもGETできました。
costco_blue_fin_tuna_18_sh

この大トロは先の頭肉と合わせて食べることにします。

僕は卑しいので、量が減るのが嫌で頭肉は磨かないまま。当然、形は悪めになります。ってことで頭肉は軍艦にでもして誤魔化そうかと画策していたのですが、いつもどおりの事前コンセンサスぶっちぎりな嫁氏がいきなり丼を用意。仕方なく、頭肉と大トロの合わせ丼に。つか、そんなの初めて食べるわw

でも、うまーい。幸せー。つか、養殖マグロってこんなに美味しいのもあるのね。って感じ。
costco_blue_fin_tuna_21_sh

我が家は、安藤鰹節店の金印の焼き海苔が好みで、いつもだと海苔が一番のごちそうだね。となるところが、この刺し身は負けません。脂が乗ってるせいもありますが。

ということで、夜ご飯は兜焼きです。半身で火が通りやすそうだったので、予熱なしの200度で35分ほど焼きました。
costco_blue_fin_tuna_28_sh

細かい部位も全部いっしょに焼いて、そちらはちょっとずつ取り出して食べました。20分くらいで焼けてたかな。

なんとも芳醇。部屋中どころか、家じゅう、魚の匂いが充満しています。
costco_blue_fin_tuna_1_sh

部位ごとにいろんな味がします。味の玉手箱やー。刺し身でも食べれる魚介を焼くのはやっぱりうまいですな。つか、時間が経った刺し身のトロよりこっちの方が断然にうまい。これだけ買って来れば300円弱で済んだのに…しまったかな。
costco_blue_fin_tuna_31_sh

ということで、この日1日でコストコの年会費の元をとった気分になりました。

赤身は赤身で美味しかったので、今度またロードショーやることがあったら絶対行くことにします。じゃんけん大会で勝てるか分からんけどな!

コメントを記入

CAPTCHA