last update 2017年12月7日 16:29

Windows 10 Fall Creators Updateを適用後、CPU利用率が上がる件の対処方法

how_to_fix_high_cpu_usage_fall_update_on_win10_2

Windows 10 に Fall Creators Update を適用後、CPU利用率がちょっと高めになる症状に悩まされていたのですが、ようやく対処方法が分かったので書いておきます。

具体的には、タスクマネージャーが見出し画像みたいな状態になる、という内容で、サービスホストの Internet Connection Sharing(ICS)や、Windows Defender Firewall、Base Filtering Engine、CoreMessaging あたりが恒常的にCPUを使っている状態になってしまいます。

この症状を改善するには、アクションセンター → すべての設定 → 更新とセキュリティ → Windows Defender → Windows Defender セキュリティセンターを開き、「ファイアウォールとネットワーク保護」画面の「ファイアウォールを規定値に復元する」を実行すればOKです。
how_to_fix_high_cpu_usage_fall_update_on_win10_4

このような画面になるので「既定値に戻す」を押して、
how_to_fix_high_cpu_usage_fall_update_on_win10_5

「はい」を押せば完了です。
how_to_fix_high_cpu_usage_fall_update_on_win10_6

この作業を実行すると、Windows 標準のファイアーウォール設定が全て吹き飛んでしまいますが、ライトユーザーならアプリ利用時に再度、ダイアログが出る程度ですので、問題ってほどでもないかな。と。

こんな感じでかなりCPU利用率が下がりました。
how_to_fix_high_cpu_usage_fall_update_on_win10_1

原因は良く分かりませんが、どうもレジストリをスキャンしまくっている状態になっているとかそうでないとか。

参考URL:

コメントを記入

CAPTCHA