last update 2017年12月12日 10:04

【Ingress】MUFGカプセルとAXAシールドが名称変更。提携終了により

AegisQuantum-470x260

Niantic のゲームアプリ「Ingress」で、MUFGカプセルが「QUANTUM CAPSULE」に、AXAシールドが「AESIS SHIELD」へと名称変更されます。(厳密な日本語名称は現時点では不明ですが、QUANTUM CAPSULEはクォンタムカプセル、AESIS SHIELDはイージスシールドあたりかと思います。)

今回の変更は、Nianticと各社との契約終了に伴うものとみられ、各国に存在するAXA、MUFG、米国Union Bankの店舗ポータルも消滅するとのこと。

ポータルに設置済みのAXAシールドは全て新しいシールドに置き換えられる予定となっており、既に、IntelMap上の一部ポータルではModの名称が "Aegis Shield" へ変更済みとなっています。また、MUFGの発表によると、MUFGカプセルはインベントリ内に残り、その機能は今まで通り継続するとのことです。

公式情報によると、クォンタムカプセルはポータルネットワークを通じて供給される、としており、断定的には書きづらいところですが、恐らくは、現在所有しているMUFGカプセルの名称がクォンタムカプセルへと変更されるのではないかと推測されます。
(追記:この書き方だと、現在インベントリにあるMUFGカプセルはそのままで、ポータルから新しくクォンタムカプセルが取得できるようになる、という可能性もあると思います。ただ、その場合、Ingress Prime にもMUFGカプセルのデザインを用意する必要が出てくるような…。)

なお、三菱東京UFJ銀行からも、2017年12月12日をもってXM研究を終了するとのリリースが発表されています。

ソース:

コメントを記入

CAPTCHA