last update 2018年1月19日 21:39

「キャスト機能のWi-Fi問題」に対応したGoogle Play開発者サービスが配信開始

Side profile portrait angry young man screaming on mobile phone

昨年秋から発生しており、日本でも今年に入ってから話題になり始めた Google Cast の Wi-Fi 問題ですが、Google は18日(現地時間)より、これに対応した修正版の Google Play 開発者サービスの配信を開始しました。

ダウンロードはこちらから。

配信は例によって順次となっています。まだアップデートが利用できない人は、時間をおいて再度確認するとよいでしょう。

Wi-Fi ルーターの機種・メーカーによっては、この問題を回避できるアップデートを配信している場合もありますので、ルーター側のファームウェアを確認するのも方法の一つです。

また、自己責任にはなりますが、APKMirrorからも、ベータ版の入手が可能です。

Google Cast の Wi-Fi 問題は、スマホ側がキャスト可能なデバイスとの通信を行う際、特に、長いスリープからの復帰時に大量のバースト通信を行うことで、Wi-Fi ルーターの機能を阻害。通信速度を低下させたり、通信が断続的に通らないという症状を引き起こすものです。

環境によっては、最悪、家庭内の Wi-Fi 通信が使い物にならなくなる時間帯ができるケースもあり、家庭における Wi-Fi の重要性が高まりつつある中では深刻な問題の一つとなっています。

なお、Google Play 開発者サービスは、Android スマートフォンやタブレットだけでなく、Nexus Player などにもインストールされていますが、今回の症状を解消するには、念のため、同一 Wi-Fi にぶら下がっている全ての端末の「Google Play開発者サービス」をアップデートしておくのが良いでしょう。

ソース:

コメントを記入