last update 2018年3月19日 16:52

ヤフオク!、アプリ限定でオークション出品を無料化

yahoo_to_free_auction_sales_from_apps_1

ヤフーは3月19日、「ヤフオク!(以下ヤフオク)」へのオークション出品を一部無料化すると発表しました。

現在、ヤフオクへのオークション出品には、有料の「Yahooプレミアム!」(月額498円・税込)への登録が必要となっていますが、2018年3月19日以降、ヤフオクアプリからの出品の場合のみ、Yahoo!プレミアムへの登録が不要、 つまり無料での出品が可能となります。

ただし、ヤフオクアプリからの無料出品時は、従来と比べて以下のようにかなり大きな制約が設けられています。

  • オークション終了時間が、翌日夜9時~夜11時までの間に限定される
  • 即決価格が設定できず、開始価格のみ設定可能
  • その他、オークションの入力項目の一部が推奨値に固定されている
  • 落札システム手数料も落札価格の10%と割高に(ヤフープレミアム登録ありの場合が8.64%)

ヤフープレミアムへの登録の有無によるヤフオクの機能差は、以下の通りです。

yahoo_to_free_auction_sales_from_apps_2

一見、オークション出品の一部無料化というとかなり思い切った施策のようにも見えますが、現状では、「Yahoo!プレミアム登録なし」の制約が多すぎて、無料で出品する気にはならない気がします。

管理人もこの2月・3月、久しぶりにヤフオクをがっつり利用しましたが、最近では小物の出品はメルカリが主戦場なのか、以前と比べて活気が少なくなったように感じました。また、特に、即決価格無しのオークション形式での出品時は、とんでもない安値で売れてしまう機会が増えたようにも感じました。

現状、ヤフーにとってはヤフープレミアムの会員費は貴重な収入源のひとつとなっていますので、簡単に全面無料化するわけにはいかないという事情はあるとは思います。しかし、出品側の目線で言えば、個人が日用品を思いついた時に出品するにはYahooプレミアム会員費のせいでハードルが高くなってしまっているのも事実です。

せっかく国内のオークション業界にも競争原理が働くようになったということで、無料出品時の制約の削減など、今後のサービス改善を期待したいところです。

ソース:

コメントを記入

CAPTCHA