last update 2018年5月22日 10:00

Anker、有線にも対応したBluetoothヘッドホン2機種を発売。ノイズキャンセリング機能も

anker_soundcore_201805

スマホ向け周辺機器などでおなじみの Anker は2018年5月22日より、同社初のヘッドフォン製品となる「Soundcore Space NC」と「Soundcore Vortex」の2機種を発売開始しました。Amazon.co.jp および、家電量販店にて販売されます。

「Soundcore Space NC」は、高音質コデック「aptX」にも対応したハイエンドモデルのオーバーイヤー型Bluetoothヘッドホン。ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を搭載し、低周波音を最大93%、高周波音を最大96%除去できるとのこと。

「Soundcore Vortex」は、高音質と長時間再生が特徴のエントリーモデル。対応コデックはAACとなります。

いずれの製品も、Bluetooth 接続だけでなく 3.5mm AUXケーブルによる有線接続にも対応。連続使用時間は Bluetooth 接続時で約20時間、AUX接続時で約50時間。Bluetooth の対応バージョンは 4.1。オンイヤータッチパッドによる、曲の再生・停止、曲送り、音量調整に対応し、40mm ドライバーを採用し高音質を実現しているとのことです。充電端子は micro USB。

Amazon では、発売記念セールを実施中です。(価格はすべて税込)

  • Soundcore Space NC:(定価)14,980円 →  11,980円
    (※300個限定/3,000円OFF)
  • Soundcore Vortex:(定価)5,999円 → 4,999円
    (※300個限定/1,000円OFF)

 

Anker ブランド初のヘッドフォンということで、特に音質面が気になるところですね。

(2018/5/22 23:07更新)

一般的な Bluetooth ヘッドフォンに付いている有線接続機能は、バッテリー切れ時にも使えるなら意外と便利なのですが、こちらの製品はリリースを見る限り、このあたりの詳細仕様は不明です。現状では、ノイズキャンセリングON、かつ、有線接続時については50時間とのことですが、ノイズキャンセリング機能をオフにした場合にバッテリー残量が必要かどうかについては、実機レポート待ちとなります。

コメントを記入