last update 2018年5月25日 18:14

ソフトバンク、3段階料金の新パケット定額「おてがるプラン」を提供へ。一部機種のみ

softbank_otegaruplan_201805

ソフトバンクは25日、自動で3段階の料金が適用されるパケット定額「おてがるプラン」を提供すると発表しました。提供開始日は2018年6月29日から。

同プランでは「おうち割 光セット」と組み合わせることで、最安で月額1,980円からスマホを利用できるとのこと。

「おてがるプラン」は、通話し放題プラン「スマ放題」または「スマ放題ライト」を基本プランとして、新しい専用データ定額プラン「データ定額(おてがるプラン専用)」を組み合わせたもの。

新しく設定される「データ定額(おてがるプラン専用)」の1年目の月額料金は、1GBまでが480円、2GBまでが1,480円、3GBまでが2,480円の3段階。

初めてスマホを利用する人は、次回の機種変更までの間、2年目以降も1年目と同料金で利用することができるが、その他のユーザーは月額1,000円が追加となる。

なお、月間3GBを超過した場合は最大通信速度が128kbpsに制限され、通信速度制限の解除には1GBごとに1,000円が必要。

2年目以降の1,000円割引の対象となる「初めてスマホを利用する人」の判断基準は多少複雑になっており、たとえば、新規契約の場合は6~18歳までである必要がある、などの基準も設けられているため、契約前には確認しておきたい。

「おてがるプラン」の現時点での対象機種は、iPhone SE、Android One S3、DIGNO® J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4 の5機種のみとなっている。

ソース:

コメントを記入

CAPTCHA