Amazon Alexaが正しく反応しない時に、それが間違いだと教える方法

last update 2021年7月15日 14:12

とっても便利な音声アシスタント「Amazon Alexa」ですが、時折、すっとぼけた回答を返される事もあります。

今回は、そんなときに、それが間違いだよ、と教えてあげる方法についてまとめておきます。

例えば Alexa のスマートホームスキルで、たまに機器名の聞き取りに失敗する場合など、スマホ版 Alexa アプリやWEB版のAlexaサイトから次の操作をすると、それが間違いであることを Alexa に伝えることができるのです。

Alexaに間違いを教える方法

「Alexa が間違えた場合の伝え方」ですが、もっとも簡単なのは、以下のリンク先からの方法です。

スマホの場合は Alexa アプリが、PC の場合は WEB ブラウザ版の「音声履歴を確認」が開きます。

ここで、問題の会話を探して、右の「∨」を開くと、

「Alexa のサービスは満足いくものでしたか?」と表示されます。問題なければ Good(上向き親指)、間違いなら Bad(下向き親指)ボタンを押します。

「フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。」と表示されれば完了です。

あとは Alexa が賢くなってくれるのを祈ればOKです。

また、聞かれたくない情報を Alexa に話してしまった場合は、この画面から「録音を削除する」を押せば消してもらうこともできます。

アプリからの「音声履歴を確認」の開き方

先のリンク先が開かない場合は、Alexa アプリから直接開くこともできます。

開き方は、ホーム画面の「その他」→「設定」から、

「Alexa プライバシー」→「音声履歴の確認」です。

「Alexa プライバシー」画面からは他にも様々な情報が確認できますので、興味のある方を覗いてみると良いかもしれません。

最近は Alexa も賢くなり、以前のように「照明を消して」と言うとリストの「照明」を消そうとする、といったこともほぼなくなりました。そういった場合、「消して」ではなく「オフ」に言い換えるなどの工夫もしたものですが、本当に安定動作するようになったと思います。

コメントを記入