last update 2018年7月23日 17:58

MVNOのmineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を開始。9月4日から。6ヶ月間無料のキャンペーンも

mineo_sb_plan_sh

ケイ・オプティコムは23日、mineoブランドのMNVOサービスとして、ソフトバンク回線を利用する「Sプラン」の提供を開始すると発表した。

提供開始は2018年9月4日(火)から。

これにより、MNOと直接接続する個人向けMVNO事業者としては初めて、主要3キャリア全ての回線を提供する「トリプルキャリアMVNO」となるとしている。

「Sプラン」の料金プランは以下のとおり。

シングルタイプ
(データのみ)
デュアルタイプ
(音声付き)
500MB790円1,750円
3GB990円1,950円
6GB1,670円2,630円
10GB2,610円3,570円
20GB4,070円5,030円
30GB5,990円6,950円

従来からのドコモプランに比べ、シングルタイプの場合で90円高く、また、デュアルタイプの場合で350円高めの料金設定となっている。

なお、MNOと直接接続していないMVNO事業者も見渡すと、すでにQTモバイルが2018年2月から、3大キャリアに対応した個人向けMVNOサービスを提供している。

6ヶ月間最大無料の先行予約キャンペーンも

ソフトバンク回線のデュアルプランを新規で予約したユーザー向けに、6ヶ月間、月額料金が最大無料(500MBプランの場合)となるキャンペーンが実施される。

キャンペーン適用対象の予約期間は、8月1日から8月31日17時までの間。

キャンペーン内容は、上記のデュアルプラン料金から6ヶ月間、1,750円引き。500MBプランの場合、月額無料。3GBプランの場合、月額200円となる。

また、トリプルキャリア対応記念として、上記以外にも、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの回線料金が、月額最大333円まで値引きされる「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」も実施される。

こちらのキャンペーン期間は2018年11月6日までと長め。

割引内容は、auプラン・デュアルタイプの場合は6ヶ月間977円引き、ドコモプラン・デュアルタイプの場合は6ヶ月間1,067円となっている。

Sプランで利用可能な機種の条件は?

Sプランが利用可能な対応機種について、現在のソフトバンク版の最新機種であれば基本的には利用可能とみられるが、2017年7月以前に発売された大部分のソフトバンク版 Android 端末や、iPhone 5 以前、第5世代以前のiPadについては、SIMロック解除が必要になると思われる。

契約にあたっては、事前に対応機種を確認しておくのが良さそうだ。

ソース:

コメントを記入