last update 2018年9月27日 18:01

タイ料理が食べられる「餃子の王将」がもう1店舗あったので行ってきた【パクチー大盛り!】

ohsho_thai_ichinomiya_21_sh

餃子の王将なのに全国で唯一タイ料理が食べられる「餃子の王将 稲沢店」はわりかし有名ですが、2018年にさらに1店舗、タイ料理を出す王将が増えたらしい、という情報を入手!

色々確認したところ、愛知県一宮市に新規OPENした「餃子の王将 苅安賀店」がその店らしい事が分かったので、実際に行って食べてきました。

早速、「餃子の王将 苅安賀店」に到着。普通の王将とは違って、なんだかスッキリとした雰囲気。
ohsho_thai_ichinomiya_1_sh

入り口には「日替わり定食」のメニューが。夜でもオーダーできるらしい。他の王将よりえらく安いような。
ohsho_thai_ichinomiya_2_sh

店内の雰囲気。特にタイ料理屋っぽい風でもなく普通。
ohsho_thai_ichinomiya_38_sh

王将って壁がメニューだらけだと思ってたんですが、こんなにも壁が白い店舗もあるんですね!
ohsho_thai_ichinomiya_39_sh

とりあえず、メニューから見ていきます。
ohsho_thai_ichinomiya_36_sh

なるほど、これは完全にタイ料理…。だって国旗まで描いてありますもん。
ohsho_thai_ichinomiya_3_sh

価格も異常に良心的。これなら毎日来れそうな値段。
ohsho_thai_ichinomiya_4_sh

写真は失念しましたが、一応、中華メニューもあります。ただ、普通の王将と比べると種類は半分くらい、という印象。

とはいえ、今日はそんなのは関係無し。なにせタイ料理を食べに来てますからね。

ってことで、とりあえず「トムヤムクンスープ定食」と、
ohsho_thai_ichinomiya_8_sh

「ヤムタレー」、あと、「パッガパオセット」を注文。メニューに「パクチー!」と書かれてて分かりやすいったらない。
ohsho_thai_ichinomiya_35_sh

店員さんにダメ元で「パクチー大盛りってできます?」と聞いたら「無料でできますよ!」と元気良く返事が帰ってきたので、全部パクチー大盛りにしてもらいました。

あと、唐辛子マーク付きのメニューはそこそこ辛め。

パクチーも唐辛子もどちらも苦手な人は選択肢がほとんどありませんが、そういう人は中華を頼んでおけばOKです。

しばらく待っていたら、まずはトムヤムクンスープ定食から届きました。
ohsho_thai_ichinomiya_24_sh

餃子と唐揚げも付いており、全体を見ればかなりのボリューム。ご飯も結構多めです。
ohsho_thai_ichinomiya_18_sh

トムヤムクンスープには意外とエビが入っていました。あと、野菜も多め。見た目以上に腹が膨れるバランス食です。

さすがにこの値段ですから高級なトムヤムクンスープとは違う庶民の味にはなりますが、日本人向けにしてはけっこう攻めてる酸っぱさです。

面白いのは、底の方ほど段々と美味くなっていって「あれ、これ意外と美味いんじゃない?」という感想でフィニッシュできるところ。なかなか好感触の不思議メニューでした。

そして、パッガパオセット。
ohsho_thai_ichinomiya_15_sh

こちらは僕の知ってるガパオとは違う中華風炒め物、という感じの味。

油が強め、バジル風味は薄めですが、ガッツリ系の食品が大好きな男性なら、タイ料理とか関係なしにこれが一番人気がありそうな味かも。つか、ご飯と合いすぎ。
ohsho_thai_ichinomiya_13_sh

ガパオなのに目玉焼きではなく温玉が乗ってましたが、そういう細かいことは気にしない!
ohsho_thai_ichinomiya_16_sh

温玉を潰して、
ohsho_thai_ichinomiya_29_sh

こうじゃ!
ohsho_thai_ichinomiya_32_sh

こういうのが不味いってことは無いですよねー。

で、最後に届いたのがタイ風海鮮サラダの「ヤムタレー」。うわっ、パクチー多い!
ohsho_thai_ichinomiya_21_sh

わざと背景に王将のメニューを写り込ませてみた。ココ、間違いなく王将です。Q.E.D.
ohsho_thai_ichinomiya_23_sh

取り皿に取ったのに十分なパクチーの量。
ohsho_thai_ichinomiya_27_sh

そしてこの「ヤムタレー」が今日のタイ料理部門No1の味。オススメ。めちゃくちゃ辛いしパクチーも多い。まぁ、どう頑張っても「タイ料理」としか分類できない代物でした。

なお、多分、王将のことだからパクチーの量とかは気分で変わりそうなので、少ないだの多いだのとは思わない方が良さそう。

今回お邪魔した「餃子の王将 苅安賀店」の場所はこちら。名鉄名古屋本線 妙興寺駅から西へ850mほどの所にあります。

営業時間は11:00~22:30(LO 22:00)。のはずですが、昼行ったら中休みの時間帯があった日もあったのでちょい注意。詳しくは公式サイトを確認してください。駐車場は24台あるので車でもOKです。

ちなみにお会計はこんな感じ。ヤムタレーを頼まなかったら1人1,000円でお釣りが来る感じ。量的には頼みすぎた感じ。
ohsho_thai_ichinomiya_33_sh

この店の中華料理をまだ食べたことがないのでお店の全体的な評価はしづらいところですが、夜、タイ料理のセットメニューがこの価格で食べられるのはお値打ち。野菜を小安くいっぱい食べられるのはありがたいと思います。

あと、王将なのにタイ料理が出てくる、というところも価値だよね。

節約したいけど炭水化物ものばっかりは食べたくないなー、という時には重宝するんじゃないでしょうか。

面白かったのは、男どもは中華料理、女性はタイ料理、と、グループ内でも人によって別ジャンルのメニューを注文するお客さんがちょくちょくいた事。田舎の男性は保守的であまり変わった料理を好まない方も多いですからね。なるほど、と思いました。

それにしても2店舗目だなんて、その内、他の「餃子の王将」でもタイ料理を出すようになってしまうんでしょうか…?

 

ちなみに、タイ料理を出す「王将」の元祖である「餃子の王将 稲沢店」は、2018年に入ってから長らく改装工事中でしたが、その後、予定どおり新装オープン。そちらでもタイ料理メニューを食べることができます。「閉店した」という噂も一部では囁かれていましたが、何のことはない、ただの改装工事でした。

コメントを記入