last update 2018年10月10日 21:31

スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」がAlexaのスマートホームスキルでも複雑なテレビ操作に対応

smart_kaden_controler_entertainment_device_1_sh

ラトックシステムは2018年10月10日、スマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」「RS-WFIREX2」用の Alexa スマートホームスキルについて、エンターテイメントデバイス対応のアップデートを実施したと発表しました。

これにより Alexa スマートホームスキルでも、テレビのチャンネル操作やミュート、ボリューム操作が可能となりました。

新たに使えるようになった発話例:

「アレクサ、テレビのチャンネルを10にして」
「アレクサ、テレビを次のチャンネルに変えて」
「アレクサ、テレビのボリュームを上げて」
「アレクサ、テレビの音量を5下げて」
「アレクサ、テレビをミュートにして」
「アレクサ、テレビのミュートを解除して」

(※放送局名を指定してのチャンネル変更はできません。)

この他、以前より利用可能だった以下の発話も引き続き使うことができます。

「アレクサ、テレビをつけて」
「アレクサ、テレビを消して」

アップデート以前でも、カスタムスキルを利用すればテレビのチャンネル操作やボリューム操作は可能でしたが、「家電リモコンで」というフレーズが必要だったほか、ボリュームを複数回まとめて上げ下げするのに難があった記憶があるので、かなり便利となりました。

以前からオススメしている機種ですので、当サイトの読者の方であればすでにお持ちの方も少なくないと思いますが、すでにスマートスキルとして「テレビ」を登録済みの場合は、家電リモコンアプリの Amazon Alexa の設定より一旦「テレビ」を削除の上、再度、「テレビ」を登録し、Alexa アプリからデバイスを検出しなおす事で有効になりますので、設定してみてはいかがでしょうか。

smart_kaden_controler_entertainment_device_2_sh

ソース:

コメントを記入