last update 2018年10月18日 10:00

Anker、車向けオーディオレシーバー「Anker Roav Bluetooth レシーバー B2」を発売

R6112_Anker Roav Bluetooth レシーバー B2_1_sh

Anker は2018年10月18日、Bluetooth 4.1 に対応した車向けのオーディオレシーバー「Anker Roav Bluetooth レシーバー B2」を発売すると発表しました。

価格は2,499円。ただし、Amazon.co.jp でのみ、初回300個限定で500円OFFでの販売となります。

Bluetooth 非対応のカーステレオなどで利用するのに便利な機能を搭載した製品で、Bluetooth 接続したスマホの音楽を AUX 接続したカーステレオで聞けるようになるだけでなく、ハンズフリー通話機能も搭載。エコー抑制、CVCノイズキャンセリングによる快適なハンズフリー通話も可能とのこと。

また、英CSR社製の高音質 Bluetooth チップセットを採用することで音質も追求しているとのことです。

主な仕様は以下のとおり。

  • Bluetooth 4.1 Class 2 対応、通信距離10m
  • 重さ:約21.5g
  • 対応プロファイル:A2DP v1.2 / AVRCP v1.4 / HFP v1.6 / HSP v1.2
  • 付属品:AUC / 2-in-1 Micro USB 電源ケーブル、取扱説明書
  • DC入力5V
  • 18ヶ月保証

本製品にはバッテリーが搭載されていないため、利用時はカーチャージャーなどからのUSB給電が必要です。

世間にはバッテリーが搭載されている Bluetooth レシーバー製品も存在しますが、車で使う用途であれば、車のアクセサリー電源OFFと連動して Bluetooth 接続が切れた方が便利だと思うので、これは良い仕様なんじゃないでしょうか。

また、カーステレオとの接続だけでなく、Amazon Echo などのスマートスピーカーと外部スピーカーの接続を無線化する用途にも便利そうです。

R6112_Anker Roav Bluetooth レシーバー B2_7_sh

Bluetooth 4.1 対応のため省電力。というのも売りです。

なお、現時点の情報では対応コデックは不明となっています。

コメントを記入