last update 2018年10月31日 12:54

岩倉駅前の居酒屋「魚有てん」に行ってきた。新鮮・お値打ちの優良店

gyouten_umai_1_44_sh

引っ越して以来、外食やらはしご酒が非常に多い我が家なんですが、久しぶりに安くて美味い高コスパの店を知ったので、興奮ぎみに紹介しておきます。

愛知県岩倉市にある居酒屋「魚有てん(ぎょうてん)」です。

初秋に入ってからというもの、毎週のように LINE グループに「行きました報告」をアップして来る友人がいて、どうも様子がおかしいなぁ、とは思ってたんですが、行ってみて「なるほど、これは毎週行きたくなるわけだわ」と納得。

全体的に荒削りなのでツッコミどころはあるものの、太平洋側の田舎町でこの金額・このクオリティなら流行らない方がおかしいよね。という感じの超コスパの店。わざわざ、あそこまで足を延ばすのも分かる気がしました。

まさかここまでの当たりとは思ってなかったので、全部スマホで撮った写真になります。

名鉄犬山線岩倉駅から歩いてすぐの所にあります。裏手っちゃ裏手ですが便利な場所です。
gyouten_umai_1_24_sh

午後3時から本気を出す店、という情報をキャッチしていたので入店は午後3時半頃。上の写真は出たときに撮影。

お席は2時間制ですよ、とのこと。まだ外が明るくて店内には僕らしかいなかったので、なんで?ガラガラじゃん?ハズレの店?と思いましたが、よく見るとほとんどのテーブルに「予約席」の札が。。。
gyouten_umai_1_40_sh

逆に「予約席」の札が無いテーブルは2つしかなかったので、この時間に来て正解だった、というわけです。

さて、まずはこの日のオススメメニューをチェック。いろいろと気になります。
gyouten_umai_1_30_sh

レギュラーメニューはこんな感じ。フードメニューはあと1枚、ドリンクメニューも1枚ありましたが失念。
gyouten_umai_1_50_sh

と、ここで、店員さんから「お通しはおばんざいバイキングへどうぞ」との案内が。行ってみると…
gyouten_umai_1_37_sh

枝豆、ナスの煮物、もやしのピリ辛、ポテトサラダ、おくら、とかとか。

で、この小皿に取り放題。
gyouten_umai_1_41_sh

里芋の煮っころがしだと思ったものは罠で大福でした(取っちゃいました)。

「超炭酸ハイボール」がオススメとのことだったのでオーダー。何この値段…安い。
gyouten_umai_1_6_sh

そしてメガサイズは本気でメガデカい。
gyouten_umai_1_53_sh

えーと、うまかった順に写真を。

まずは「活け車海老のウニ乗せ」。僕が何らかの宗教の始祖だったら教義で禁忌にするくらい罪深い味でした。うまーい。
gyouten_umai_1_44_sh

「たらの白子ポン酢」はちゃんと3特。ぷりっぷりです。ここで日本酒にチェンジ。オレ間違いだった。
gyouten_umai_1_70_sh

「あら煮」。なんと280円。分かりにくいですが結構量があります。
gyouten_umai_1_1_sh

浦村産のセルガキ。ここからはだんだん普通になっていきますが、ちゃんと一定以上美味しいです。
gyouten_umai_1_42_sh

ポン酒がよろこぶ「ながらみ」。
gyouten_umai_1_59_sh

「まぐろぶつの金華山盛り」。
gyouten_umai_1_35_sh

これでもかと脂の乗った「いわしの刺し身」。
gyouten_umai_1_16_sh

そして店の名前を冠した「魚有てん盛」。これが午後3時からの限定販売となっています。
gyouten_umai_1_76_sh

「まぐろの頭肉フライ」
gyouten_umai_1_66_sh

「コーンクリーム春巻き」
gyouten_umai_1_75_sh

という感じ。

揚げ物はちょい違うかな、という気もしますが、とにかく、これで2人で9,000円ちょいという素晴らしいスーパーコスパ。

この辺りは秋口を迎えると一気に魚が美味しくなる地域なので、別の季節だとまた違った評価になるのかもですが、少なくとも、今回は超大満足。特に、車海老の雲丹のせは至福の1口でした。

ちなみにお持ち帰りメニューもあるそうです。
gyouten_umai_1_2_sh

岩倉駅は、名鉄犬山線で名古屋から特急なら11分、急行なら15分程度。

また、鉄道だけでなく、小牧方面や一宮方面からはバスでもアクセスできる場所ですので、興味のある方は行ってみるといいかも。ただし、休日は割と早い時間に満席になっていた気がするので、まとまった人数なら予約した方がいいかもしれません。

コメントを記入