last update 2018年11月8日 11:28

VMwareの「この仮想マシンは使用中の可能性があります」エラーの対処方法

VMware の仮想マシンを起動時、以下のようなエラーが出て、仮想マシンが起動しない場合があります。

「この仮想マシンは使用中の可能性があります。この仮想マシンがすでに使用中でない場合は「所有権を取得(T)」ボタンを押して、この仮想マシンの所有権を取得します。この仮想マシンが使用中である場合は「キャンセル(C)」ボタンを押して、この仮想マシンが破損しないようにします。」

how_to_force_aquire_lock_on_vmware_3_sh

この場合、ダイアログの「所有権を取得(T)」ボタンを押せば仮想マシンが起動する場合もありますが、押した先でさらに次のエラーが出る場合もあります。

「仮想マシンを開くときにエラーが発生しました:この仮想マシンの所有権の取得に失敗しました。仮想マシンは、ホストコンピュータ上のアプリケーションにより使用されています。」

how_to_force_aquire_lock_on_vmware_2_sh

このようなケースでは、VMware 仮想マシンの実体ファイルがある場所を開いて、ロックファイルを削除すれば所有権を取得できるようになります。

具体的には、「~.vmx.lck」ファイルを削除してやればOKです。

how_to_force_aquire_lock_on_vmware_1_sh

その他の「vmdk.lck」「vmem.lck」ファイルなどは削除しなくても良いようです。

vmx.lck ファイルを削除したら、あとは仮想マシンが起動するはずです。

コメントを記入