last update 2018年11月27日 19:03

コストコでキッチンエイドのスタンドミキサーが特価セール中(2018年)

kitchen_aid_sale_on_costoco_201811_5_sh

お料理好きには憧れらしいキッチンエイドの「スタンドミキサー」なんですが、現在、コストコでかなりお値打ちに販売されているので触れておきます。

セール期間は2018年12月9日まで。価格は34,980円(税込)。

ボール位置の高さ調整ができない容量4.5Lタイプで、カラーはホワイトとレッドの2色。取扱いは全倉庫店となっています。

コストコのすごいところはフードグラインダーが付属していること。事前にある程度お肉をダイスカットしておく必要はあるものの、自宅で塊の肉からひき肉を挽けちゃうのは凄いよね。

肉まん、焼売、餃子、小籠包などの点心を作る人だと「ひき肉はやっぱり挽きたてじゃないと」という方は少なくないと思いますが、フードプロセッサーで作るひき肉の仕上がりでは満足できない、なんて人にも良いかもしれません。

ってことで、嫁さんが見かけるたびに欲しがっていたこともあって、うっかり購入。

kitchen_aid_sale_on_costoco_201811_23_sh

店頭在庫の減り加減を見ていると、どうやらこの機種のシグネチャーとも言えるレッドが人気のご様子。でも、インスタとかではホワイトも人気みたい。というか、本当はコストコで売ってないパステルカラーが写真映えするみたいだけども。

kitchen_aid_sale_on_costoco_201811_3_sh

大型機器なので設置場所だけは事前にしっかりと確認しておきたいところ。店頭で見てもらったら分かるとおり、身構えちゃうサイズ感。のはずが、意外や意外、自宅に持って帰ってきたら奥行き50cmタイプの食器棚のカウンターであれば余裕で常設できる感じでした。

使うときはローターシャフト側を頻繁に持ち上げて使う構造になっていますから、高さ方向に45cm程度の空間が必要になります。あと、重さが10kg以上あるので、棚が丈夫じゃないとダメかも。

コストコでのこの機種のセールは以前にもありましたが、僕の記憶が確かなら、少なくともここ数年でここまで安くなったことは無いような。

オプションのフードグラインダーも別売りで買ったら結構な値段ですので、カラーとサイズが気にいるならこの機会に買っちゃってもいいかもしれません。

ちなみに、キッチンエイドのスタンドミキサーはこの他にも機種があって、一回り小型の3.3リッタータイプや、ボール位置の高さ調整ができるタイプも。高さ調整できるタイプは生地を温めながら捏ねたり、クリームを冷やしたりしながらホイップできるので拘る人はそっちの方が欲しくなるかも。(まぁ、ホイップものであれば事前に冷やしておけばパワーとスピードで解決できそうな気もしますが)

ってことで、さっそく久しぶりに自分でクランベリースコーンなんぞ作ってみました。

kitchen_aid_sale_on_costoco_201811_9_sh

薄力粉を使ったのですが、最弱の「1」でも微妙にうっすらと舞ったりするので、衛生観念の高い人は汚れても良い棚で使った方が良さそう。つかこれ、小型タイプだともっと粉が散りそうな…。

使ってみた感想は「これすごいね」。ミックスしてる間に次の作業ができるから単純に作業の並列度が上がる。家計にも生産性を求める欧米人の発想の生産性ツールだわコレ。

kitchen_aid_sale_on_costoco_201811_18_sh

片付けも超ラク。デカい専用ボウルはスクレイピングして食洗機に放り込むだけ(ウチはビルトイン深型なので、その他の環境では要確認)。こちらのモデルに付属のボウルはステンレス製でしたが、ガラスタイプやカラー付きのもあるみたい。詳しくないけども、変わった色のボウルを個人輸入するならホワイトの方が合わせやすいかもね。

凝った料理を良く作る人、特に量を作る人なら間違いなく生産性が上がるんじゃないか、と思う一方、設置場所にせよ片付けにせよ、とかく環境と設備を選ぶ製品なので、万人に勧められるかというとそうでもない感じ。

でも、アイランドキッチン背面の食器棚とツライチになる高級ビルトインガスオーブンやビルトイン電子レンジ、水道工事が必要な冷凍冷蔵庫や憧れのポットフィラーみたく敷居が高くない「手軽に買える夢」なのかもしんない。

ってことで、興味のある方は店頭に見に行ったり、調べたりするといいかもしれません。

コメントを記入