last update 2019年2月15日 9:55

Fire TVでマッハバンドが酷い→ 色深度を12ビットにしたら解決

いやね、「なーんか画質悪いなー」とは思ってたんですよ。ずっと。

最近、Fire TV Stick 4K で映像作品を見ていると、もう、マッハバンドが気になって仕方がなくって。

え、マッハバンドを知らない?

マッハバンドってのは、グラデーション部分が滑らかじゃなくて階調の段差が見えちゃう現象のことですな。
firetv_color_depth_1_sh

こうやって写真にすると分かりにくいかなぁ。でも、とにかくこれが気になって映画が頭に入ってこない。

ちゃんと画面の左下には「HDR」って出てるのになぁ、なんでだろう。って、ずっと思ってたんですが、
firetv_color_depth_5_sh

設定 →「ディスプレイとサウンド」を確認してみたら、
firetv_color_depth_2_sh

「ダイナミックレンジの設定」はちゃんと「常にHDR」だけど、「色深度」なんて設定も別にあって、
firetv_color_depth_3_sh

なんと、ここが「8ビット」になってやがったので「最大12ビット」に変更。
firetv_color_depth_4_sh

そしたらめちゃくちゃ画質がキレイに。HDRソースならグラデーション部分がビロードのように滑らかになってくれました。

ということでこの感動を嫁さんに伝えるも、「そもそも何がそんなに気になっていたのか分からないし、何が変わったのかもさっぱり分からない。」と言われてしまいましたとさ。えーっ。

まぁ、いいや。とりあえずこれで頻繁に Fire TV リモコンのボタンを押してちゃんと HDR  か確認するクセが直りそうなので、安心して映画が見れます。HDRソース少ない気もするけども。

余談ですが、最近、安心して Game of Thrones シーズン8をお迎えするべく、溜まった映像作品を頑張って消化中。なんというか今っぽいグレーディングの作品って、そもそもHDRを前提にしているのか、8ビットだと本当にマッハバンドが気になるんですよねぇ…。

コメントを記入