last update 2019年3月28日 14:42

Amazon、手持ちのスピーカーをAlexa対応にするEcho Inputを発売

echo_input_4_sh

Amazon は2019年3月28日(木)、手持ちのスピーカーを Alexa 対応スピーカーにできる Amazon Echo Input を国内でも販売開始しました。

価格は2,980円(税込)。

Echo Input 本体にはスピーカーは内蔵されていませんが、外部スピーカーを3.5mmオーディオケーブル、または Bluetooth で接続することでスマートスピーカーとして利用できる製品です。

4つのマイクからなる内蔵マイクアレイを搭載、厚さ14mmとかなり小型で安価なモデルとなっています。

基本的にはスピーカー内蔵タイプの Echo と同等の Alexa の機能を利用できますが、現時点では Bluetooth 接続時の音声通話と呼びかけ機能には非対応とのことです。

主な仕様は以下のとおり。

  • サイズ:14 x 80 mm
  • 重さ:78g
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz)
  • Bluetooth:A2DP、AVRCP(Mac OS Xデバイスには非対応)Bluetooth 接続時に PIN コード入力が必要なデバイスでは利用不可。
  • 保証期間:1年間(限定保証)
  • 付属品:電源アダプタ 5W、micro USB ケーブル、AUXケーブル(1m)、スタートガイド

echo_input_2_sh

基本的には専用電源アダプタでの利用が推奨されるものと思われますが、USB電源端子を搭載した Echo としては第2世代の Echo Dot 以来、ということで、自己責任にはなりますが、バッテリーや車載電源で使える可能性がある貴重な現行機種、ということにもなりそうです。(車載時は車内温度を考えると放置はできないでしょうが)

なお、Echo Input はすでに海外では発売済みの製品で、今回、日本国内でも発売された、という格好になっています。

※画像はプレス向け

コメントを記入