last update 2019年4月12日 11:06

Amazonプライム会員費が年4,900円へ値上げ。クレカ特典のお得度がアップ?

amazon_hikes_prime_price_2019_2_sh

Amazon.co.jp は2019年4月12日、Amazonプライム会員費を値上げしました。

値上げ内容は以下の通り。

  • プライム年間:4,900円(旧:3,900円)
  • プライム月間:500円(旧:400円)

(※いずれも税込)

新料金の適用日は、新規入会およびプラン変更については4月12日より。既存ユーザーの契約更新は5月17日請求分からの予定。

米国に比べて安価であることが度々話題に登っていた日本の Amazon プライム会員費。日本では2007年のプライム会員サービス開始以来初の値上げとなりましたが、米国では値上げを繰り返した結果、現在、年額119ドルにまで上昇。国内との価格差がかなり大きくなっている状況です。

amazon_hikes_prime_price_2019_1_sh

なお、Amazon プライム会員特典が自動付帯される Amazon Mastercard ゴールドの年会費については現時点(2019年4月12日時点)では値上げされていませんので、もし、このまま年会費が追従値上げされないのであれば、同ゴールドカードの価値が見直される機会となりそうです。

余談ですが、クレジットカード系情報サイトでは Amazon Mastercard ゴールドはこき下ろされがちで、同クラシックカードの方がお得と評価されることが多いように思います。

そんなこともあってか、このカードを作った人ってあまりいない気がするんですよね。

ついでなので Amazon Mastercard ゴールドカードの分かりにくい情報を散りばめつつワザと雑くまとめておくと、こちらのカード、Amazon プライム会員特典が自動付帯されるのはもちろん、Amazon でのショッピングは発送時に2.5%が Amazon ポイントで還元。そのほかでの利用は1%還元。

カード年会費は正価だと 10,800円(税込)ですが、マイ・ペイすリボやWEB明細などで各種割引を最大適用すれば初年度5,400円、翌年度以降4,320円まで下げられます。リボ払いの「マイ・ペイすリボ」が気になる人も多いと思いますが、実は、後から別途手続きすることでリボ払いの月額最低支払い額をカードの限度額いっぱいまで引き上げられるほか、ネットサービス「Vpass」から支払額の臨時増額も可能。あと家族カードも3枚まで無料ですが、家族カードにはプライム特典は付与されません。

さらに、既に Amazonプライム会員の人がカードに申し込んだ場合は、残存日数分の Amazon プライム会員費を返還される(少なくともプライム年間で確認済み)、という感じ。

また、基本的には国内のみ(例外的にダニエル・K・イノウエ国際空港は使える)にはなりますが、出国ゲート前の一般的なゴールドラウンジも利用可能。海外に良く行く人は出国ゲート後のラウンジが使えるプライオリティ・パス付きのカードを探すのが良いとは思いますが、コールドカードを持っていない人でプライム会員をやめるつもりが無いなら実質タダみたいなものですから、付帯サービスとしてありがたく使うと良いでしょう。

発行元は三井住友なので、審査も三井住友ゴールドカードの基準に準ずると思われます。安定した所得があってクレヒスが悪くない方なら検討してもいいかも。

それにしても Game Of Thrones シーズン8の公開直前に値上げとは、なかなかの策士じゃないですか?と思っちゃうタイミング。期待していいんですかね?

ソース・見出し画像引用元:

コメントを記入