last update 2019年4月22日 19:24

DAHONのマグネットパーツが脱落したので自分で修理した話

repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_8_sh

えーと、そんなに自転車に興味がある風でもない管理人が乗っている DAHON の Boardwalk D7 なんですが、先日、玄関前に上の写真のようなパーツが落ちてまして。

次の金属ゴミだか不燃物の日に捨てようと取っておいたところ、嫁さんから「コレ、自転車のパーツじゃない?」と鋭い指摘が。

確認してみると、明らかに何らかのパーツが脱落した痕跡が…。
repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_12_sh

ということで、修理用の Replacement Kit が売ってないか調べてみたところ、このパーツ、マグネットセットというらしく、単品購入するとなかなかのお値段。

というか、マグネットの部分はあるわけだから、単純にネジが必要なだけだよね、ということで、採寸の上、ホームセンターで買って来たのがこちらのパーツ共。

repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_3_sh

トルクを考えたら六角レンチで締めたほうが良いよね、ってことでメインは M4 x 15mm(ピッチ0.7 レンチサイズ3)のステンキャップ。あと、ワッシャーがほしかったので同じくM4の適当な小ねじ。そして、線径0.9 x 外径8.5 x 自由長38.0mm の押しバネ。

 

ということでこんな感じで組み付けようと思います。あ、バネと本体の間にも緩衝用のワッシャーを追加ました。
repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_9_sh

こんな感じで組み付けて、
repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_15_sh

さらにレンチで固く増し締めしてやります。
repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_17_sh

ハイ、これで折り畳み時にマグネットでくっつくようなりましたー。
repair_dahon_boardwalk_d7_magnet_parts_1_sh

もともとはかなり遊びがあった気がするのですが、今回の付け方だとガッチリくっついちゃってて、押しバネを入れた意味があるのか謎い雰囲気に。

詳細は分かりませんが、今回の方法なら押しバネは省略したほうが良いのかもしれません。

もともと、遊びがあるからこそ脱落しやすいパーツだったのかも。という気も…。

実はもう一台あるので、そちらをちゃんと見れば良かったんでしょうけども、面倒なのとこれでも問題なさそうだし、なんならこっちのほうが再脱落のリスクが少なそうなので、コレで良しとしておきます。

コメントを記入