last update 2019年7月23日 12:52

新型拭き掃除ロボット「ブラーバジェットm6」が日本でも発売

braava_m6_comes_to_japan_1

アイロボットジャパン合同会社は2019年7月26日より、床拭きロボット「Braava jet m6」の国内販売を開始すると発表しました。

価格は69,880円(税別)

「Braava jet m6」は、高度なナビゲーションシステム「iAdapt 3.0」を搭載した、ジェットスプレー対応の拭き掃除ロボット。

Imprint スマートマッピング機能により、ブラーバが部屋の間取りを認識、最適な清掃パターンで拭き掃除ができるようになりました。
braava_m6_comes_to_japan_8

従来のブラーバは「ノーススター ナビゲーションシステム」により自位置の確認を補助していましたが、本製品ではノーススターを設置しなくても自力でナビゲーションが可能に。広い部屋や複数の部屋を一度に掃除できるようになった点が最も大きな特徴であり、違いと言えるでしょう。

また、自位置を把握できるようになったことで、清掃後の自動充電にも対応。ルンバユーザーには当たり前の「ホームベースへの自動帰還」がブラーバでも実現されました。
braava_m6_comes_to_japan_6

もちろん、清掃中に電池容量が減少したら、ホームベースで自動充電→自動再開も可能に。

段差の自動判別。また、iRobot Home アプリで侵入禁止エリアの設定も可能。
braava_m6_comes_to_japan_7

別売りのバーチャルウォールも利用できます。

スマートスピーカー対応は Amazon Alexa、Google アシスタントの2種類。声でもブラーバを操作できます。

Imprint リンクにより、ルンバi7、i7+の清掃完了後に自動でブラーバ ジェット m6による拭き掃除を連動スタート可能。(ルンバ900シリーズへの対応は年末までの予定)
braava_m6_comes_to_japan_13

取り付けるクリーニングパッドの種類により、水拭き、乾拭きの2つの清掃モードが自動判別されるのも便利。
braava_m6_comes_to_japan_14

Braava jet 床用洗剤はタンクに水と一緒に入れる方式とのこと。
braava_m6_comes_to_japan_4

世間では Imprint リンクによるルンバとの自動連携機能が大きく取り上げられていますが、従来のブラーバを使ったことがある方で2LDK以上の間取りにお住まいの方なら、何より「iAdapt 3.0」対応によりノーススター不要で高度なナビゲーションをになったことに魅力を感じるはず。

iRobot ブランドの拭き掃除ロボットでこの機能が搭載された最初の機種、ということで、こういう機種を待っていた!という方は多いんじゃないでしょうか。

公式情報、画像引用元:

コメントを記入