last update 2019年9月5日 10:03

USB Type C→Bへの変換アダプタ製品がほとんど無い理由は?【レビュー】

type_c_to_b_conversion_13

身の回りの主砲級ガジェットがほぼ USB Type C 対応した今、未だに micro USB Type-B にしか対応していない製品がかなり鬱陶しく感じるようになってきました。

ってことで、自然な欲求として USB Type C から Micro-B への変換アダプタを探してみるわけですが、その手の商品はなかなか少ない。そして、あったとしても妙な怪しいメーカーの製品しかない。

ってことで、とりあえず実機を買って色々試してみたことや調べたことをまとめておきます。

怪しい製品しかないType C to micro-B変換アダプタ

僕くらい Amazon 慣れしてると、もう中華製品慣れしちゃってて「怪しい」という感覚が薄れてきちゃってて良くないんですが、Type C to micro-B の変換アダプタは、正直、まともなメーカーの製品が見当たらない感じ。

それでも試してみなきゃ分からない、という事で、とりあえず56KΩの抵抗入りのこちらの変換アダプタを購入。

こちらは2つで800円弱!という激安アダプタ。レビューは詐欺っぽい気もしますがその辺は無視。だって、他はもっと怪しいのしかないんだもん…。

あー、未開封なのに中にゴミが入ってるわ…。
type_c_to_b_conversion_2

開封。ゴミは取れましたが、なんか最初から薄ら汚れてる部分が…。
type_c_to_b_conversion_13

色々気になるところはありますが、先に進みましょう。

Type C→Micro B変換アダプタ経由で充電できた製品

まず、いきなり驚かされたのはこちらの USB アダプタ、微妙に規格とサイズが違うのか、挿抜感がめちゃくちゃ硬い。バキィッ、と抜き差しする感じ。

例えるなら、「ズボンを脱くだけのつもりが腰から下が取れちゃってないか心配になる」みたいな挿抜感。

修理から上がってきたばかりのカメラでいきなりテストしたせいで、まーた基盤が壊れるんじゃ?と恐怖感が半端ない。

が、使っているうちに、なんとなーく、ギリギリ許容範囲になってきたようななってないような…。

とりあえず、充電できたのは Bluetooth ヘッドセットとか、
type_c_to_b_conversion_4

ミラーレス一眼みたいな、充電周りが比較的単純な製品。
type_c_to_b_conversion_1

2018年モデルの最新防水 Kindle Paperwhite も問題なく充電可能。
type_c_to_b_conversion_14

あと、手持ちの古いモバイルバッテリー2種も普通に充電できました。

なお、充電OKの機器で通信機能があるものの内、どうもカメラは一部画像が取り込めず、せっかく撮った写真が消失して大パニック。結局は普通のMicro Bケーブルを使っています。

Type C→ micro B 変換アダプタ経由では充電NGだった製品

さて、問題は充電できない機器がいくつかあったこと。

シリーズ最後の micro B 対応機である Galaxy S7 Edge。こちらは電源接続時、スリープ解除はされるけど、全く充電されない。
type_c_to_b_conversion_16

あと、防水になる直前の世代の Kindle Paperwhite マンガモデルは、充電ランプが点いたり消えたり。こりゃダメだ。
type_c_to_b_conversion_5

1つ前のモデルの Fire HD 8 タブレットは、電源接続時、「Fireは低電力充電器に接続されています。」というエラーを吐いた後、10秒くらいで勝手に充電停止。
type_c_to_b_conversion_12

打率は8分の5。なかなかバラ色の世界ではないようです。

USB Type-Cの規格で定義されている変換アダプタは2種しかない

ってことで、なんでどうしてこんな有様なのかを深堀りしてみたところ、そもそも論として「こんな製品は存在してはいけない」というのが原因の様子。

というのはですね、USB Type-C の規格上は、以下2種の変換アダプタのみが定義されているからです。

  • USB 2.0 Micro-B(メス)→ USB 2.0 Type-C(オス)
  • USB 3.1 Standard-A(メス)→ USB Full-Featured Type-C(オス・USB3.1 Gen 1)

つまり、Type-C(メス)から別形式へ変換するコネクタは、良からぬ製品、ということらしく。

余談ですが、規格では各変換アダプタとも長さが15cm以内であること、また、前者は56kΩ±5%、後者は5.1kΩ±20%の抵抗が入っている必要があるとも定義されています。

変換パターンがここまで絞られている背景には、恐らくは、ユーザーが USB Type-C 以外のケーブルでUSBホスト同士を接続してしまう事態を避けるため、という気もしますが、詳しくないので詳細は不明です。

個人的には、ぼちぼち C to B で変換したいよなー、とは思うところですが、色々なリスクを考えると、Micro B と Type C はそれぞれ別のケーブルを用意したほうが無難、という結論になりそうです。

この記事への1件のコメントがあります

  1. ハタナカ says:

    2ヶ月前

    そうだったんですね…。
    100円ショップのセリアで大量に買い込んでしまった…。
    情報ありがとうございます。

コメントを記入