last update 2019年10月3日 13:46

三井住友カードが「マイ・ペイすリボ」の年会費優遇条件を改悪。Amazonゴールドは対象外

三井住友カードは、同ブランド、および一部の提携カードについて、「マイ・ペイすリボ」利用時の年会費優遇特典の適用条件を改悪すると発表しました。

改悪は、2021年2月以降の年会費支払い分からの予定。

改悪内容は以下のとおり。

  • 改悪前:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上の利用がある。
  • 改悪前:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある。

これまでは「マイ・ペイすリボ」に登録だけしておき、毎月のリボ払い額を十分に大きな金額にしておきさえすれば、リボ払い手数料を支払うことなくカード年会費を無料・半額・割引にできていました。

改悪後は、残念ながらこの技が使えなくなってしまいます。

なお、気になる Amazon Mastercard ゴールドですが、三井住友カードに確認したところ、今回の改悪の対象とはならないとのことで一安心です。

Amazon Mastercard ゴールドは、年会費10,000円(税別)で Amazon プライム特典が自動付帯するクレジットカード。

「マイ・ペイすリボ」とWEB利用明細とを組み合わせ、かつ、年6回の請求があればカード年会費が最大6,000円引きとなり、正規のAmazonプライム会員年会費よりもお値打ちになります。

クレジットカード比較サイトではこき下ろされることが多い「Amazon Mastercard ゴールド」ですが、Amazon でのショッピングは2.5%還元となるほか、Prime Day やタイムセール祭りなどのセール時には、全ての条件を満たせば5~10%程度のポイントが付与される場合もあり、意外と使える印象です。

買い物頻度次第ではゴールドじゃなくてもいいかな、という気もしなくはないですが、Amazon で週に数回は買い物している、という方なら作ってもいいんじゃないかとは思います。

ソース:

コメントを記入