last update 2019年10月31日 18:06

VMwareで「AMD-Vは無効になっています」エラーが出る場合の対処方法

vmware_amd_v_error_2019_2_sh

VMware Workstation 15 Player でこんなエラーが出る場合の対処方法について書いておきます。

パワーオン中にエラーが発生しました。:このホストは AMD-V に対応していますが、AMD-V は無効になっています。

AMD-V がBIOS/ファームウェア設定で無効となっている、またはこの設定を変更してから電源を入れ直していない場合、AMD-Vが無効となる場合があります。

この場合、基本的にはエラーメッセージに書かれている通りで、UEFI/BIOSの設定から AMD-V 機能を有効化すれば良いのですが、AMD-V という項目が無い場合は、SVM という単語が入った項目を探しましょう。
vmware_amd_v_error_2019_4_sh

手持ちのPCでは、「SVM Mode」という表記でした。これを ON(Enabled)にしておきます。
vmware_amd_v_error_2019_1_sh

これで、VMware 起動時に先ほどのエラーが出なくなるはずです。

コメントを記入