last update 2019年12月11日 4:26

キーボードだけでエクスプローラーのアイコンサイズを変えるショートカット【Windows 10】

shortcut_key_explorer_file_layout_2_sh

Windows のエクスプローラーで、ファイル一覧のレイアウトやアイコンサイズをキーボードのショートカットで変える方法を紹介しておきます。

これは、具体的には「表示」→「レイアウト」のクリック時と同じアクションをショートカットキーで実現するものです。
shortcut_key_explorer_file_layout_1_sh

ショートカットキーの一覧は以下のとおり。

  • 「Ctrl」+「Shift」+「1」:特大アイコン
  • 「Ctrl」+「Shift」+「2」:大アイコン
  • 「Ctrl」+「Shift」+「3」:中アイコン
  • 「Ctrl」+「Shift」+「4」:小アイコン
  • 「Ctrl」+「Shift」+「5」:一覧
  • 「Ctrl」+「Shift」+「6」:詳細
  • 「Ctrl」+「Shift」+「7」:並べて表示
  • 「Ctrl」+「Shift」+「8」:コンテンツ

つまり、「Ctrl」+「Shift」+「1~8」で操作できる。ということです。

shortcut_key_explorer_file_layout_3_sh

ちなみにこれらの切り替えは「Ctrlキー」+マウスのホイールでも可能です。

その場合、アイコンサイズは、例えば特大アイコンと大アイコンの間のサイズにする、といったことも可能です。

コメントを記入