last update 2020年2月5日 2:41

「やっぱりステーキ」はカレーも意外とイイ!。ハンバーグはダメ【レビュー】

いきなりステーキ陥落で、なーんか、急に脚光を浴びつつある激安系ステーキチェーン「やっぱりステーキ」ですが、かねてから気になっていたステーキ以外のメニューを食べる機会をわざわざ作ったので、さっそくレビューしておきます。

今回食べたのは、「牛スジカレー」「ハンバーグステーキ」「トッピングカレー」の3品。

正直、「やっぱりステーキ」はステーキのコスパが凄すぎて、ステーキを頼まない、というのは至難の技なわけですが、ごちそう続きの年末年始明け、カレーが食べたくなった勢いを利用して、頑張って行ってきました。

牛すじカレーが「サラダバー付き」750円の衝撃。ココイチの存在意義は揺らぐのか?

「やっぱりステーキ」にそこそこ通っていると、気になってくるメニューが「カレー」。

なんとこのカレー、ステーキ肉の「すじ肉」部分を使っているということで、これで750円は安いんじゃね?もうココイチ行かなくていいんじゃね?と思い、ずっと、その味を確かめてみたかったわけです。

というのも、「やっぱりステーキ」のカレーはサラダ(マカロニとキャベツだけですが)とスープが食べ放題。

ココイチならビーフカレー641円(税込)に具というかトッピングが全て別料金、サラダも別料金ですからね。

カレーライス付きのサラダバーを単品注文できるビュッフェや、街の定食屋だったりすると、もっとお値打ちなところはあるかもしれませんが、スペックだけ見れば、特に夜はかなりお値打ちそう。

ってことで、こちらが牛スジカレーのアップ。今回は「からくち」を注文。

牛すじの塊が3つ入っていました。僕の大好物「福神漬け」はお気持ち程度。

ということで食べていきます。

最初は「んー、これは微妙な味なのでは?」と思っていましたが、後半になるにつれ、なんだかクセになってくるような。

牛すじと一緒に食べると「コレはウマい」という感じ。「やっぱりステーキ」は肉に価値があるなー。

全体的な感想は、こんな感じ。

  • カレーとご飯の量の比率がご飯寄り。もっとカレーを掛けてくれ~
  • 牛すじとご飯を一緒に食べるとけっこうウマい
  • 牛すじがもっと欲しい!
  • 福神漬けをもっとくれー!(いつもココイチでドバドバ掛けているので)
  • ちょっと唐辛子辛いかな。辛いのかなりイケるけどそれでも辛いと思った(あまくち、もある)
  • あと250円払えばステーキが食べられる、と思うと微妙感も
  • 数回食べたけど、味が安定してないかも。当たりの時はうまかった

正直なところ、カレーをどっぷり掛けた部分は美味しく感じるし、カレー不足のところは美味しく感じなかったので、カレーの量を1.3倍にしてくれるだけでかなり印象が変わりそう。

あと、「やっぱりカレー」の経験値が少ないので下手な事は言えないわけだけど、日によって味が大きく変わる気がする。この辺は、カレーがメインのココイチとの大きな違い。ココイチはサービスも味も安定してるもんね。

ということで、もろもろ考えると、ご飯の量を調整できる「トッピングカレー」が正義なのではないか、と思い、試してみたのが次の項になります。

結論はステーキ+トッピングカレー

「やっぱりステーキ」には350円の「トッピングカレー」というメニューが用意されています。

この時のトッピングカレーはこってり濃い感じ。「すじ肉」がけっこう溶け込んでる印象。

で、メインはステーキ。カレーまで付けるといい感じです。

で、ステーキを切ったら、

こう来ちゃうんだから。この食べ方はオススメ。

もちろん、カレーだけで食べてもいいし、

カレーライスにしても良い。

試してないけど、ガーリックライスでカレーライスにしたらどうなるんだろう…。

トッピングカレーだと、自分好みのご飯 vs カレーの比率で食べられるので、満足度が自然と高くなる。

個人的には、カレーライス単品よりも、トッピングカレーの方が間違いなく満足度が高く感じたんだよね。

ってことで、「やっぱりステーキ」へ行ったらトッピングカレーはまぁまぁオススメ。カレー単品で頼むのは、色々と改善されてからの方がいいかなー、という印象。

なお、店舗限定にはなるけれど、平日限定ランチなんてのもある。ステーキ+トッピングカレーのセットが850円、ってのはかなりの高コスパと思うので、ぜひ食べてみたい。

300gと巨大だけど、微妙なハンバーグ

さて、最後に「やっぱりステーキ」の要注意メニューの情報を。

店舗によって味が違うのかもですが、少なくとも、僕らが食べたハンバーグは、お世辞にもオススメできない代物でした。

夜でも1,000円で300g。さらに、ご飯、サラダ、スープが食べ放題ってことで、ステーキ用の端肉が使われているならスゲーお得なんじゃ?と思って注文してみましたが、結果、イマイチ感が半端ない。

中までモサッとしたパン粉だかつなぎだかが多めのハンバーグで、食べた感じだと、多分、ステーキ用の端肉や「すじ肉」は使われていない様子。

オススメのソースは、オニオンソース+ニンニクや、ワサビ単品。

つなぎが多そうなのに、何故かボロボロと崩壊してしまい、ナイフ・フォークはもちろん、箸でも食べにくい。とにかく量をたくさん食べたい人以外には、どうにもオススメできない味だったと思います。

ってことで、「やっぱりステーキ」はやっぱり「ステーキ肉」を食べる店だなー、と再認識。

ただし、トッピングカレーは別枠だと思うので、味のブレはありそうですが、一度くらい食べてみてもいいんじゃないかなー。と思いました。

単品のカレーライスは、味の振れ幅が気になる。不味い日ならココイチの方がいいし、美味しい日なら、ココイチが潰れるレベル。これからどう改善されていくのか、「やっぱりカレー」の今後から目が離せません。

コメントを記入