last update 2020年2月21日 17:02

iRobotのロボット掃除機、ルンバs9+、i7+、980の仕様を比較する

2020年2月28日に発売予定の iRobot の最新ロボット掃除機「ルンバ s9+」の仕様を、旧フラッグシップモデルと比較してみました。

ルンバs9+ルンバi7+ルンバ980
サイズ
(本体・cm)
W35.1 x H9.2W35.1 x H9.2W35.3 x H9.2
サイズ
(クリーンベース
・cm)
D39 x W31 x H49D39 x W31 x H49クリーンベース
なし
重さ
(バッテリー込)
約4.0kg約4.0kg約3.9kg
清掃方式AeroForce
3段階クリーニング
AeroForce
3段階クリーニング
AeroForce
+カーペットブースト
吸引力
(AeroVac搭載
ルンバ600シリーズ比)
40倍10倍10倍
ダートディテクト
モード
ナビゲーションvSLAM
ナビゲーション
iAdapt 3.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt 2.0
ビジュアル
ローカリゼーション
侵入禁止エリア
(アプリで設定)
×
侵入禁止エリア
(バーチャルウォール)
○(別売)○(付属x1)○(付属x2)
自動充電・
自動再開
Imprint
スマートマッピング
Clean Map
レポート対応
Imprintリンク
(ブラーバジェット
m6連携)
ブラーバジェット
m6連携対応
アプリ対応
スマートスピーカー
対応
稼働時間最大120分最大75分最大120分
充電時間約3時間約3時間約3時間
価格186,780円(※1)
(公式ストア
参考価格)
12~15万円
(実勢価格)
7~10万円
(実勢価格)

※1.未発売のため、価格はアイロボットストアの参考価格のみ。販売開始後は実勢価格は不明。

また、これは表では分かりづらいところですが、「s9+」の本体形状は従来の「O(オー)」型から Neato Robotics 社のロボット掃除機のような「D(ディー)」型へ改善。

搭載するデュアルアクションブラシが従来比30%長くなったことにより、清掃効率の改善が期待できそうです。

参考情報:

コメントを記入