last update 2020年3月3日 17:08

楽天モバイル、料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表。月額2,980円、300万人1年無料。4月8日開始

(※新しい情報が入り次第、更新しています)

楽天モバイルは2020年3月3日に開催したプレスカンファレンスにおいて、2020年4月8日から正式サービス開始する携帯キャリアサービスの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)」を発表した。

料金プランは1つのみで、月額利用料金は2,980円(税別)。ただし、300万名を対象に1年間無料とするとのこと。(人数の増減の可能性があるとのこと)

「Rakuten UN-LIMIT」プランの詳細は以下のとおり。

[国内]
楽天回線

エリア
[国内]
パートナー

エリア
[海外]
(66の国と地域)
データ通信楽天基地局接続時
使い放題
2GB/月
(※1)
2GB/月
Rakuten Link
アプリ
通話・SMS
使い放題
通話・SMS
使い放題
海外→国内通話 かけ放題
国内/海外→海外通話 (980円/月)
SMS使い放題(※2)
通話20円/30秒20円/30秒同上
SMS3円/70文字
(全角)
3円/70文字
(全角)
100円/70文字
(全角)

※1.2GB超過後は最大128kbps。データ容量の追加購入は1GBあたり500円(税別)
※2.海外のその他地域へのSMSは100円/70文字(全角)

Web での受付開始は3月3日16時から、店舗は3月4日の開店時から。MNP、MVNOサービスからの乗り換えは4月8日より申込み開始予定。

事務手数料は3,300円(税込)。ただし、Rakuten Link アプリの利用で300万名を対象に全額楽天ポイントで還元、実質無料となる。

また、6月30日までの新規申し込みで、楽天ポイントを3,000ポイント獲得できるとのこと。

SIMロックフリー(端末購入時)、最低利用期間無し、契約解除料無料。

今回、正式サービス開始が発表された楽天モバイルの携帯キャリアサービスは、自前の基地局と KDDI の基地局を利用した MNO サービス。従来の MVNO サービスは4月7日をもって新規受付を終了する。

楽天モバイルによると、世界初の完全仮想化ネットワークの構築により、従来比で大幅なコストダウンが可能となったとのこと。

同時に発表された 4G LTE / Wi-Fi 対応のスモールセル「Rakuten casa」の設置により、エリアの改善が可能。また、将来的には AST 社の技術により、スマートフォンから直接、衛星通信ネットワークと接続。100%のエリアカバレッジを目指すとしている。

日本では、ドコモ、KDDIグループ、ソフトバンクグループに続く4社目の携帯電話事業者として、正式にサービスを開始する楽天モバイル。各社横並びの携帯料金事情に良い意味で風穴を開けてくれる事を期待したいところです。

ソース:

コメントを記入