last update 2020年3月11日 18:09

【Googleスプレッドシート】IMEがONでも行全体を選択できるGAS【ショートカットキー】

Google スプレッドシートで、日本語入力(IME)がオンの状態でも、カーソル位置の行全体を選択する Google App Scripts を置いておきます。

// 現在アクティブなセルの行全体を選択状態にする。 function selectActiveRows() { //スプレッドシート var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); //アクティブシート var sheet = ss.getActiveSheet(); //アクティブレンジ var curRange = sheet.getActiveRange(); //カーソル位置保存 var curCell = sheet.getCurrentCell(); //開始行、終了行 var startRow = curRange.getRow(); var endRow = curRange.getLastRow(); //アクティブにする範囲 var range = sheet.getRange(startRow+":"+endRow); //アクテイブ化 sheet.setActiveRange(range); //カーソル位置復元 sheet.setCurrentCell(curCell); }

最後の「カーソル位置復元」削除すれば、セルの現在位置が行の先頭列へ移動します。行をコピーする用途にはそちらの方が便利かも。

Google スプレッドシートの行選択のキーボードショートカットは、通常、「Shift」+「Space」ですが、Windows で日本語入力システム(IME)がONだとセルが編集されてしまい、不便に感じる事が多いんですよね。

そんなときは、このスクリプトをマクロにインポートし、キーボードショートカットを割り当てれば、多少ですが楽になります。

なお、Google スプレッドシートのマクロのキーボードショートカットは、

  • 「Ctrl」+「Alt」+「Shift」+「数字」

という形式に固定されています。ちょっと面倒ですが、使えないよりはマシ、という感じですね。

コメントを記入