last update 2020年4月17日 18:42

Huawei P30 Pro×楽天モバイル(パートナー回線エリア)で通信できた設定

SIMロック解除済みドコモ版 Huawei P30 Pro(HW-02L)で、楽天モバイル(パートナー回線エリア)でパケット通信できた時の設定と、注意事項についてメモしておきます。

使用した「HW-02L」のビルド番号などは以下。

  • ビルド番号:20012002
  • EMUIバージョン:9.1.0
  • Androidバージョン:9

APNタイプの「dun」は指定不可

楽天モバイルが公表しているAPN情報を Huawei P30 Pro に設定したところ、「dunタイプのAPNを追加するための権限が通信事業者から取得されていません」というエラーが出て、APN情報を追加できませんでした。

仕方がないので、APNタイプは「default,supl」とし、dunは指定から外すことに。

という事で、パケット通信が通った時のAPN設定のスクショを貼っておきます。

さらっと書いていますが、実は、使えるようになるまでに、けっこう苦労してまして。

初回からこの設定にしたはずなのですが、なかなかパケット通信が通らず。ダメ元で一度APN情報を削除してから再登録したら、あっさりと接続できたという。そんなの分かんねーよ。

ちなみに、APN情報が正しいと思われるのにパケット通信が通らなかった時は、この手の接続中バンド確認アプリで普通に band 18(パートナー回線)を掴んでるように見えました。

ただし、左上の「SDR」の表示が赤の「S」のみだった記憶があります。

HW-02L×パートナー回線エリアでは通話・SMSは不可

そこそこ頑張りましたが、「HW-02L」と楽天モバイルのパートナー回線エリアの組み合わせでは、通話・SMSはできませんでした。

モバイルネットワークの設定から「通話モード設定」でVoLTEを有効にしても、設定がすぐに元に戻っちゃうんですよね。

VoLTE をONにすると、通知領域に「HD」のアイコンが一瞬出るんですが、すぐに消えちゃうので、何らかの不整合が発生している気がします。

そういえば、以前、au の音声回線は相互接続性テストの結果を重視して接続を拒否することがある、とどこかで聞いた気がするので、この機種自体、au網側から嫌われているのかも。

楽天回線エリアはSMSはOK。通話は×

楽天回線エリアであれば SMS は使えます。つまり、Rakuten Link のSMS認証作業は、楽天回線エリアであれば問題なく行える、ということ。ただし、Rakuten Link でない回線交換の通話は、楽天回線エリアでも不可です。

Rakuten Link のSMS認証さえ通せてしまえば、IP電話機能での通話の着発信は可能ですから、回線交換の通話が使えなくてもよいのであれば、Huawei P30 Pro は楽天モバイルでそこそこ使える機種、という判断になるかと思います。

この記事へのコメント(4件)

  1. Y says:

    3ヶ月前

    助かりました〜
    ありがとうございます〜

  2. ひつ says:

    2ヶ月前

    初めまして。
    私も同機種を使用していてUN-LIMITプラン契約しております。
    通話に関してなのですが、0120などの電話は使用できていますか?HUAWEIのデフォルト電話アプリからでもなぜか発信ボタンを押してもすぐに切れてしまう現象が起きています。
    解決方法などあればぜひ知りたいです。

  3. ひろも(hiromo) says:

    2ヶ月前

    コメントありがとうございます。
    仰るように楽天モバイル(MNO)における0120番号への発呼は回線交換のみで、Rakuten Link アプリからの発信はサポートされていません。
    残念ながらご提示できる手持ちの解決方法はありませんが、回線交換でもRakuten Linkでもない、全く別のアプリから0120へ発信できる方法があれば、それが解決方法になるかもしれません。
    ただし、0120の受け手側が発信者の回線種別の制限をかけている場合、その方法でも0120番号へ発呼できない可能性はあります。(例えば、携帯からの発信を受け付けていないパターンなどがございます。)

  4. ひつ says:

    2ヶ月前

    ご回答ありがとうございます。
    やはりそうなのですね。使えるアプリが出るのを待ってみようかと思います。

コメントを記入