last update 2020年4月16日 7:40

楽天モバイル(MNO)の物理SIMをiPhoneで使う設定・注意点

楽天モバイル(MNO)の物理 SIM を iPhone で使うための設定と注意点をまとめておきます。

iPhone×楽天モバイルの注意点

2020年4月現在、楽天モバイル(MNO)は iPhone での動作保証をしていません。つまり、利用は自己責任で、という形となります。

また、以下のような注意点があります。

  1. iOS 版 Rakuten Link アプリが未リリースのため、売りである「無料通話」が使えない
  2. iPhone XR 以降でしか動作報告が無い
  3. パートナー回線エリアでSMSを利用できない(詳細確認中)

中でも「3」の SMS は、2段階認証時の障壁となるため、楽天回線エリアの外にお住まいの方は、実用上、問題なる可能性があります。

事前に「構成プロファイル」を削除しておく

iPhone で過去に MVNO のSIMを利用していた場合、まず、「設定」→「一般」→「プロファイル」から、すでにインストール済みの構成プロファイルが無いかを確認しておきましょう。

楽天モバイルの物理 SIM で、通信できない・アンテナピクトが立たない・繋がらない、という場合、既存のプロファイルが邪魔をしている場合があります。

トラブル防止のため、「プロファイルを削除」しておきましょう。

SIMを挿すだけで通信OK

インストール済みの「構成プロファイル」が無いことを確認したら、楽天モバイルのSIMを挿します。

しばらく待てば、何もしなくてもパケット通信が可能な状態となります。

また、「キャリア設定アップデート」が降ってきた場合は、「アップデート」を押せばOKです。

ただし、この時点ではまだ通話とテザリングはできません。そのため、次の設定も必要になります。

VoLTEをオンにして通話可能に

通話機能を利用するには、さらに、以下の設定が必要になります。

「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「音声通話とデータ」から「LTE, VoLTEオン」にチェックを入れます。

この時、以下のようなエラーが出ますが「OK」を押して下さい。

「このモバイル通信ネットワークをiPhoneでVoLTEに使用することは通信事業者によって保障されていません。iPhoneでVoLTEに使用するとバッテリー駆動時間、通話、SMS/MMS、留守番電話、モバイルデータ通信に影響がでる可能性があります。」

これで通話もできるようになります。

ただし、先にも指摘したとおり、現在はまだ Rakuten Link アプリの iOS 版がリリースされていないため、無料通話の恩恵は受けることができません。

SMSは楽天回線エリアのみ?

iPhone XS で確認した範囲では、楽天回線エリアでの SMS 送受信は可能でしたが、パートナー回線エリアでは送受信ともできませんでした。

これは、SIM が Rakuten Link で SMS 認証済みかどうかに関係なく発生する症状で、現状、手持ちの複数の楽天モバイル非対応端末で同様の症状が発生しており、根の深そうな問題のような気がしています。

筆者は、SMS が端末の対応・非対応を分ける重要な要素のひとつになっているのではないか、と疑っていますが、iOS の場合、将来的なアップデートで回避できるようにならないかな、と期待したい部分でもあります。

テザリングには追加のAPN設定が必要

ここまでの設定だけでは、まだ「インターネット共有」機能は使えません。テザリングを有効にするには、追加の設定が必要です。

設定はカンタンで、「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」を開き、

  • 「モバイルデータ通信」の「APN」
  • 「インターネット共有」の「APN」

の2か所に「rakuten.jp」と入力するだけです。

あとは、普段どおり「設定」→「モバイル通信」→「インターネット共有」→「ほかの人の接続を許可」をオンにすれば、テザリングが使えるようになります。

パートナー回線エリアでの SMS の件がどうにかならないと、iPhone の正式対応はなかなか難しい気がします。Apple ないし、楽天モバイルにはなんとか頑張ってもらいたいところですね。

コメントを記入