Android上のFTPサーバに簡単にアクセスする方法

 

NetworkPlace6

最近、AndroidのSDカードにWi-Fi越しでアクセスするため Android側にFTPサーバーを立てる機会が増えたんですが、そこに手軽にアクセスするには Windows の「ネットワークの場所」を使うと手っ取り早いよね。という内容です。

というか、普通にFTPクライアントを使えばいいだけの話なんですが。

でも、あれって実作業で使うと意外と手数がかかるし、できれば普段使ってるエクスプローラーと同じスタイルで操作できるといいなぁ。と思ったので。

この方法で不安定。という場合は、以下のソフトを使ってFTPサーバをWindowsのドライブとしてマウントする方法もあります。
Gladinet Cloud Desktop(非商用はフリー)
http://www.gladinet.com/

FTPサーバをWindowsの「ネットワークの場所」として登録する手順

Windowsのエクスプローラー

→ 「Alt」キー → 「ネットワークの場所を追加する」

NetworkPlace

「ネットワークの場所の追加」画面

→ FTPサーバのアドレスを入力 → 「次へ」

※ 以下のスクリーンショットはFile ExpertのFTPサーバ機能の場合

NetworkPlace2

匿名(anonymous)以外でのログインならチェックを外す

→ 「ユーザー名」入力 → 「次へ」

NetworkPlace3

分かりやすい表示名を入力 → 「次へ」

NetworkPlace4

以上で設定完了です。

NetworkPlace5

設定後の見え方

こんな感じで、エクスプローラーの「ネットワークの場所」に表示されるようになります。(図の一番下)

NetworkPlace6

ファイル選択のダイアログでも「コンピュータ」直下に表示されるので、手数が減らせそうです。

NetworkPlace_comp

肝心の使い勝手ですが、ドラッグ&ドロップでのファイルコピー時にShiftを押すと「移動」になる。とか、いろいろエクスプローラーと同じなので、割りと気に入っています。

まっとうなFTPクライアントなのかはあまり信用していないので、どんな用途にも。というのはどうかと思いますが、スマホをUSBでつながなくてもSDカードからスクリーンショットとかを簡単に取り出せたり、また、削除やダブルクリックで画像の確認もできて、便利でいいんじゃないかと思います。

※ ファイル削除時に「ハンドルが無効です」エラーが出る場合は、作った「ネットワークの場所」を右クリック→「ログイン方法」画面から再度「ログオン」してみてください。

※ その他のエラーが出る場合は、「F5」キー、または「最新の情報に更新」してから再度試してみてください。

余談

わりと今さらの内容ですが、他の記事から共通参照させる目的で記事にしました。

ちなみに、Androidで使えるroot不要のFTPサーバには次のようなアプリがあります。

また、rootユーザの場合はAndroidにSambaサーバーを建てて、PCから共有フォルダとしてAndroidを参照する。という力技も可能です。

いずれの方法もセキュリティ面の配慮が必要なため、信頼できるプライベートネットワーク上での利用が中心となりそうではあります。

※2013/6/14 文章ブラッシュアップ。FTP利用時のセキュリティ注意追記。
※2012/2/16 Gladinet Cloud Desktopリンク追加

Hatena Pocket Line

コメントを記入