last update 2020年7月21日 7:40

挿すだけで使える?「Amazon純正スマートプラグ」レビュー

Amazon から発売されたスマートプラグ「Amazon純正スマートプラグ」のレビューをお届けします。

「スマートプラグ」とは、スマートフォンやスマートスピーカーから家電の電源ON/OFFができる機器。その Amazon 純正品、ということで、Amazon Alexa との相性は抜群です。

Alexa 対応スマートスピーカーで使う前提なら、個人的には非常にオススメの製品と思います。

セットアップが驚くほど楽

他の Amazon 製品同様、「Amazon 純正スマートプラグ」は「簡単セットアップ」に対応しています。

「簡単セットアップ」とは「Amazon アカウントと紐づけされた状態で商品が届く」というかなり便利なサービス。Amazon.co.jp でカートに入れる際、「簡単セットアップ」にチェックを入れるだけで有効にできます。

この機能により、「スマートプラグが届いたらコンセントに挿すだけで Alexa アプリからすぐに認識される」という、異次元の使い勝手の良さを実現しているわけです。

なお、認識自体はすぐにされますが、使用前にはセットアップ画面から同意文への同意が必要です。

同意文によると、電気ストーブ、電熱器などの危険な機器の接続はしないように、との事なので、注意が必要です。

QRコードでのセットアップも可能

「簡単セットアップ」のチェックを入れ忘れても、QRコードを使って比較的楽にセットアップできるのも特徴です。

QRコードは同梱の取説や、本体の鍵マークの隣に印刷されています。

非常に簡単に Amazon アカウントとの紐づけができるので、初期設定に関してはかなり楽な部類のスマートプラグと言えそうです。

出力・N極など仕様のバランスが良い

「Amazon純正スマートプラグ」の仕様はかなり良く練りこまれている印象を受けます。

具体的には、以下の2点が特色と思います。

  • 入出力は 100V 50/60Hz 最大15A まで対応。一般家庭のコンセントやテーブルタップで消費電力の制限を意識する機会が少ない
  • メス側にはN極指定があるが、プラグ側にはN極指定が無いため、N極非対応のコンセントやテーブルタップでも使いやすい

他社ではプラグ側にもN極指定がある製品が少なくなく、テーブルタップによっては変換アダプタが必要になる場合もあります。

Amazon純正スマートプラグは仕様の落しどころが上手なのではないでしょうか。

なお、Wi-Fi は 5GHz 帯には非対応。2.4GHz 帯のみの対応となっています。

「Alexaアプリ」から一元管理

他社のスマートプラグ製品の場合、各社ごとに個別の管理アプリが用意されており、そこから Alexa へ連携する、という二重管理方式のケースが多いのですが、Amazon 純正スマートプラグの場合、Alexa アプリで一元管理できる点も魅力の1つと言えそうです。

また、我が家でこれまで使ってきた TP-Link の Kasa という管理アプリでは、Alaxa 連携中の機器名については Kasa 側で変更できない、という制約があり、大変不便でした。

Amazon 純正スマートプラグの場合、こういった制約が無いため、非常に扱いやすくなったと感じます。

サイズ感はこんな感じ

一般的なスマートプラグのサイズの本製品ですが、コンセントに2つ挿すには、1台を上下逆にしないと挿さりません。

(※ちなみに、我が家のコンセントはパナソニックのコスモシリーズ ワイド21です。)

まぁ、この辺りについてはあまり小型化を追求して Wi-Fi の感度が下がっても使い物になりませんので、バランスが大事な部分かもしれませんが。

ちゃんとした会社の製品としては価格もそこまで高くないと思いますし、特に、Amazon はセールが多いのでお得に買える機会もありそうです。

ということで、興味のある方は1台持っておいてもいいかもしれません。

動画でも紹介しています

Amazon 純正スマートプラグについては、YouTube 動画でも紹介しています。

よろしければチャンネル登録をお願いします。

コメントを記入