last update 2020年9月3日 21:22

【DaVinci Resolve】自前のLUTを書き出す方法

カラーグレーディングで、途中までの過程を他の素材で使いまわしたり、また、自分好みのルックを残す場合など、自前のLUTを書き出しておくと色々と便利です。

ということで今回は、DaVinci Resolve で自前のLUTを書き出す方法について書いておきます。

方法は簡単。まず、カラーページで他の素材でも使いまわせる程度のカラコレ・カラグレをして、

カラーページのクリップを右クリック → Generate 3D LUT から書き出せばOKです。

というか、DaVinci Resolve って知らない間に 65 Point Cube に対応していたんですね。

LUT の作成時は、他の素材でも破綻しづらいように、とか、LUT 適用後にカラグレできる余力を残しておく、とかとか、色々と考えることはありますが、その辺を管理できる方であれば、実用上、便利なのではないでしょうか。

コメントを記入