last update 2021年1月25日 21:22

ルンバがソファの下に潜り込むので工夫して解決した話

かなり特殊なケースなので、ほとんどの人の役には立たない気がしますが、助かる人がいるかもなのでシェアしておきます。

ルンバがギリギリ潜り込んでしまう嫌な高さのソファの下へ、ルンバを入らせない方法です。

機種はルンバ980で、i-Robot Home アプリから立入禁止エリアの設定ができない世代になります。

我が家のソファは高さ8cmの位置に横板が貼られており、ルンバがエッジクリーニング中、下に潜り込んでエラーになってしまうことが度々ありました。

で、これまではバーチャルウォールを複数置きつつ、板などで赤外線の影も作ったりと涙ぐましい努力をして、どうにかソファのギリギリまで掃除させていたのですが、

こんな感じでソファの下に、

潜り込ませて、ソファの長辺に向けてビームを照射してやると、

ソファの足の下に赤外線がうまいこと充満して、絶妙にルンバが潜り込まない、という技を発見。

ちゃんとソファの際々まで掃除してくれるし、潜り込まないし、で、エラーが発生しなくなりました。

多分、特殊な形状のソファなので、中々参考になる方はいなさそうですが、変わった形の家具をお使いの方は参考にしてみてください。

なお、バーチャルウォールから出る赤外線が外に漏れる形のソファの場合、ソファ周辺が掃除されなくなってしまうと思います。

ちなみに、アプリから立ち入り禁止エリアを指定できる世代の「ブラーバジェット m6」も持っていますが、そちらはソファ周辺を掃除しない設定にすることで、問題は発生しなくなりました。

これからルンバを購入される方で、どうしてもルンバ対応に難がある家具を置きたい、という方は、ルンバならi7以降、ブラーバジェットならm6以降の機種をオススメしておきます。

この記事へのコメント(1件)

  1. tente says:

    4日前

    はじめまして ひろもさん tenteと言います

    「ルンバがソファーの下へ」って上記のサイトを拝見し、コメントさせていただきました。
    我が家の980もソファー下へ潜り込み出られなくなってエラーとなる上に、ソファーの下はギリギリで、無理やり入って980は傷だらけになっています(^^ゞ
    ググってみたら、ひろもさんのサイトがヒットしました。
    ひろもさんが紹介してた「ソファーの下へバーチャルウォールを置き侵入しないようにする」は、この記事を拝見する前に自分で思いつき試してみたんですが、我が家のルンバ980はソファーの下へ潜ろうとします。
    ひろもさんの画像にあったように、バーチャルウォールを縦に置いたり、横にしたりもしたんですが駄目でした。
    何かアドバイスあればお願いいたしますm(__)m

    次に下記のサイトで見た「ソファー底上げ」をしてみました。
    https://baby-glass.com/neato_auto_soffa/
    ホームセンターでゴムブロックを買ってきて、ソファーの4つの足にかませました。
    これで挟まる事はなくなり、ソファーの下もスイスイ掃除してくれるようになったので、満足してたら、今度はソファーの横から入ろうとして、また挟まってしまいました。横は前より隙間が狭いんです。
    底上げを今より高くすれば横の隙間に挟まる事はなくなりますが、あまり高くするとソファーに安定感がなくなり落ち着いて座っておれなくなります。

    https://tcss.vivahome.com/product/commodity/0000/08210601-000663/
    思案した挙句、今の底上げを維持しつつ、上記サイトの耐火レンガを買ってきて、ソファー横の隙間をこのレンガでふさぎルンバが入れないようにしようと思っています。
    重さが3.4kgあり、赤レンガより重いのでルンバがぶつかっても動かないのではないか??と、このレンガにしました。

コメントを記入