last update 2020年10月15日 17:15

Roninシリーズの新ジンバル「DJI RS 2」「DJI RSC 2」が発表

DJI は2020年10月15日、ジンバルの新製品「DJI RS 2」「DJI RSC 2」の2機種を発表、同日より予約受付を開始しました。

RS 2 が従来機「Ronin-S」の後継、RSC 2が「Ronin-SC」の後継となります。

価格は「DJI RS 2」単品が86,900円、コンボセットが105,600円。「DJI RSC 2」単品が53,900円、同コンボセットが73,700円。

出荷は DJI RS 2 が10月30日、RSC 2 が11月上旬の予定。

「DJI RS 2」は、本体重量を従来の1.86kgから1.3kgへ軽量化しつつ、動荷重4.5kgにパワーアップした上位モデル。重量級カメラ+レンズのセットアップにも対応し、新機能 SuperSmooth モードでは、最大焦点距離100mmのレンズ使用時のわずかな微振動も抑えられるとのこと。

1.4インチの内蔵カラータッチ画面を搭載し、高度なカスタム化に対応。アクティブトラックやインテリジェント撮影モードを利用できる。

別売りの DJI フォーカスホイールを取り付ければ、内臓フロントダイヤルとの併用で、フォーカスとズーム調整を個別に行うことが可能。

「DJI RSC 2」は、本体重量1.2kg、動荷重3kgの軽量化モデル。折り畳み時はA5用紙と同等の 18 x 19cm のフットプリントとなるのが特徴。

主要なミラーレスカメラに対応し、Panasonic S1H + 24-70mm レンズのような重量のあるセットアップにも対応する。

1インチの内蔵OLEDスクリーンを搭載。アクティブトラックにも対応する。

両機種とも、2層式カメラマウントプレートの採用により、アルカスイス、マンフロットの両規格に対応。内臓フロントダイヤルによるフォーカス制御が可能。軸ロック機構の搭載により、移動やバランス調整が簡単になったとのこと。

RavenEye 画像伝送システムとの接続で Active Track 3.0 を使用でき、最大100m離れた場所から、1080p/30fps の低遅延動画をスマホなどに送信できるほか、Ronin アプリを使用することでスマートフォンの向きを遠隔で模倣する Force Mobile も利用可能とのことです。

DJI 公式販売ページ:

コメントを記入