last update 2021年1月26日 10:00

Anker、最大20W出力の「Anker PowerCore Fusion 10000」を発売

Anker は2021年1月26日、USB急速充電器 兼 モバイルバッテリーの最上位機種「Anker PowerCore Fusion 10000」を発売しました。

価格は4,790円(税込)。ただし、Amazon 初回セール情報として、2,000個限定で20%OFFの3,832円で販売予定。

「Anker PowerCore Fusion 10000」は、コンセントに直接接続できるモバイルバッテリー内蔵型のUSB急速充電器。

容量は9,700mAhと前モデルのほぼ倍の容量を実現。Quick Charge などにも対応できる独自の PowerIQ 3.0(Gen2)を搭載。USB-C 1ポートと USB-A 1ポートを備え、USB-C ポート単体での最大出力は20W。iPhone 12 シリーズを最速で充電できるとしています。

主な仕様は以下のとおり。

  • サイズ :約82 x 82 x 35mm
  • 重さ:約278g
  • 入力:100-240V 0.7A 50-60Hz
  • 容量:9,700mAh
  • 出力:USB-C:5V=3A / 9V=2.22A、USB-A:5V=2.4A
  • 最大出力:20W(USB-C ポート単体充電時) / 15W(2 ポート同時充電時)
  • 付属品:Anker PowerCore Fusion 10000、USB-A & USB-C ケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書

前モデルは 5,000mAh ということでちょっと物足らなかった感がありますが、新モデルはかなり売れそうな予感がします。

コメントを記入