last update 2021年2月3日 0:07

【DaVinci Resolve】アフレコ時の音切れ問題にVoice Meeter Bananaが効く?

今回は、Windows 版 DaVinci Resolve の FairLight ページでの録音時の音切れ問題で、Voice Meeter Banana を通すとなんとなく安定する気がする、というお話をしておきます。

実は、まだ検証しきれていない状態ではあるんですが、困っている人にはなかなか大きな問題かと思いますので、不確かさがある状態でも早版として情報をお出しておきます。

追加の情報や、経験談などがあれば、ぜひ、コメント、Twitter のメンションなどで情報をお待ちしております。

※ この記事は、将来、詳細を追記・更新する可能性があります。

きっかけは、EVO4・UR22Cでの収録が安定しない件

まず最初に言っておくと、Blackmagic Design の公式見解では、DaVinci Resolve は ASIO に非対応です。

そのため、(Windows 上では)ASIO ドライバでの利用が前提となる EVO 4 は、DaVinci Resolve では(使えるケースもありそうな気はするが)安定しては使えない、というのが僕の見方です。

ということで EVO 4 を手放し、WDM にも対応した UR22C に買い替えたわけですが、こちらもなかなか安定しない。状況によって音切れが発生したり、水中で話しているような音になる症状が出たり、出なかったりするわけです。

その後も1ヶ月くらい色々と試していたのですが、ある日、ソフトウェアミキサーの「Voice Meeter Banana」を通すと、かなり安定することに気がつきました。

Voice Meeter Banana側の設定

まず前提条件として、この情報は十分な検証が行えていないため、効果があるかは未知数。効いたらラッキー、くらいに思っておいて欲しいです。

その前提において、Voice Meeter Banana 側で、以下の設定を入れると「僕の手元の環境では」動作が安定します。

  • HARDWARE INPUT 1:WDM:ライン(4- Steinberg UR22C)
    →A1
  • HARDWARE OUT(A1):Yamaha Steinberg USB ASIO

(※環境によって正確な名称は変わるかも)

また、この上で、「Yamaha Steinberg USB Driver」の設定から、以下の設定にすると、手元の環境では音切れがほぼ発生しなくなりました。

<Steinberg UR22C タブ>

  • Sample Rate:48 kHz
  • USB Mode:SuperSpeed(USB 3.1 Gen1)

<ASIOタブ>

  • Device:Steinberg UR22C
  • Mode:Stable
  • Buffer Size:512 Samples

もっと攻めた設定にしても安定しているのですが、手元のPCのスペックがかなり高いため、安全ラインとして上記の例を出してみました。

必要があれば、バッファサイズをもう少し大きく取っても良いかもしれません。

正直なところ、どうしてこの設定にすると動作が安定するのか、釈然としない部分はあるのですが、少なくとも DaVinci Resove 17 Public Beta 7 では気のせいしゃないくらいに効果がある気がするので、困っている方の助けになればと思い、公開してみました。

なお、EVO 4 では、Voice Meeter を使って音声のルーティングを弄っても、音切れが完全には改善しませんでした。

情報などがあれば、ぜひ、お寄せいただければと思います。

この記事へのコメント(1件)

  1. digiosa says:

    0日前

    最近こちらのサイトでFairLight について色々勉強させてもらっています。
    私もUR22Cを所持しているのですが
    resolveの環境設定で「ビデオ&オーディオ入出力」でデバイスが出てきません。
    おそらくUR22CがASIOでつながっている状態なので出てきていないのだと思います。
    UR22CをWDMで使おうとしてyamahaのドライバを削除してもデバイスがうまく認識しません…
    何かアドバイスいただけないでしょうか

コメントを記入