last update 2021年2月16日 11:26

「電池の最適化」を止めて、アプリの通知を早く届くようにする方法【LINE・Gmailなど】

Android スマホで、LINE や Gmail などのアプリの通知が遅れたり、スリープ解除時にまとめて届くことはありませんか?

そんなときは、「電池の最適化」をアプリ単位で止めてやると、通知やメッセージがすぐに届くようになったりします。

「電池の最適化」はスマホのバッテリー消費を抑える重要な機能ですが、通知が遅れるというデメリットもあるのです。

「電池の最適化」をオフにして通知が早く届くようにする設定

アプリ単位で「電池の最適化」をオフにする方法は次のとおりです。

Android の「設定」→「アプリ」→ メニューの「特別なアクセス」を開きます。

「電池の最適化」「バッテリー使用量を最適化」といった名前の項目を開きます。(※ 機種や OS のバージョンによって名称は異なります)

見つからない場合は、Android の「設定」→ 検索窓に「最適化」と入力 →「電池の最適化」「バッテリー使用量を最適化」といった項目名を探してください。

↓の画面で「電池の最適化」をアプリごとに設定できます。

初期状態では、最適化されていないアプリの一覧が表示されていますので、左上のメニュー →「全て」を選んで、最適化されてしまっているアプリを確認しましょう。

この画面ではアプリ名での検索も可能です。例えば、LINE の通知が早く届くようにするには、上の検索窓に「LINE」と入力 →「LINE」のチェックを外します。

設定はこれだけです。

「電池の最適化」をオフにすることで、即時性が必要なアプリ通知を素早く受け取ることができるようになります。

逆に、バッテリー消費が激しいアプリがあって困っている場合は、「電池の最適化」をONにすることで改善される場合もあるので試してみてください。

なお、この設定は Doze モードとも呼ばれることがあります。

コメントを記入