よく使うWEBサイトをタスクバーにピン留めする方法【Chrome】

last update 2021年5月26日 18:21

「Gmail」「Amazon」「Googleドライブ」「TweetDeck」など、よく使う WEB サイトを Windows のタスクバーにピン留めする方法を紹介しておきます。

Chrome のショートカット機能を利用する方法です。

こんな感じで、各サイトへのショートカットをタスクバーに作れますよ。

タスクバーにWEBサイトへのショートカットを作る方法

最初に、ショートカットを作りたい WEB サイトを Chrome で開いておきます。

次に、Chrome の右上のメニュー →「その他のツール」→「ショートカットを作成」を開きます。

「ウィンドウとして開く」にチェックを入れ、「作成」を開きます。

すると、最初に Chrome で開いておいた WEB サイトが、Windows 上で独立ウィンドウとして開きます。

ここまで来れば、タスクバーにこのWEBサイトのアイコンが表示されています。

アイコンを右クリック →「タスクバーにピン留めする」を開けば、

アイコンが固定され、タスクバーから直接、このサイトを開けるようになりました。

ショートカットキーでWEBを1発起動も

Windows 10 では、「Win」キー + 数字キーでタスクバー上のアプリを起動できます。もちろんこの方法でアプリ化したサイトも、同じショートカットキーで立ち上げできます。

(※ 例えば、上図の「Gmail」は「Win」+「3」で起動)

また、この方法で作ったショートカットは、同じ Google アカウントでログインしている他 PC の Chrome の「アプリ」画面に自動で同期されます。便利ですね。

コメントを記入