RT-AX3000のWi-Fi設定メモ(混雑する2.4GHz帯、スマートホーム機器向け)

last update 2021年7月6日 22:21

年末年始に Wi-Fi ルーターを ASUS の「RT-AX3000」に買い替えたのですが、通信が安定するまでに少し時間がかかったので、自分用に設定をメモ。

今回は 2.4GHz 帯、スマートホーム機器編です。

実は Wi-Fi ルーターを買い替えたタイミングで、以前から Amazon 製品用に立てていた W52 専用の 5GHz 帯アクセスポイントを潰して、スマートホーム用 Wi-Fi を 2.4GHz 帯へと集約。別の Wi-Fi 基地局も用意してローミング運用でエリアを広げているのですが、Echo Show 5 やスマート家電リモコンなどの Wi-Fi 接続が安定しなくて困っていたんですよね。

(※自分用メモですので、設定は逐次更新するかも。)

RT-AX3000のWi-Fi設定メモ(2.4GHz帯)

集合住宅の絡みで 2.4GHz 帯が逼迫している、という環境。通信速度よりもスマートホーム製品の接続安定性、エリアを重視した内容になっています。

RT-AX3000 はブリッジモードで使っています。

「ワイヤレス - 全般」の設定内容は以下のとおり。

ワイヤレスモード自動
802.11ax / Wi-Fi 6 モード無効
Wi-Fi アジャイルマルチバンド無効 
ターゲットウェイクタイム無効 
チャンネル帯域20 MHz
チャンネル手動で 1 or 6 or 11 に設定
認証方式(お好みで)
WPA 暗号化方式AES
管理フレーム保護使用可能
パスワードローテーション間隔3600

「ワイヤレス - 詳細(2.4GHz)」の設定内容は以下のとおり。

ローミングアシスト無効 
Bluetooth 共存無効
IGMP スヌーピング無効
マルチキャスト速度(Mbps)自動
プリアンブルタイプロングプリアンブル
AMPDU RTS有効
RTS しきい値2347
DTIM 間隔1
ビーコン間隔100
Tx バースト有効
WMM を有効にする有効
WMM 非確認応答を有効にする無効
WMM APSD を有効にする有効
A-MPDU の最適化無効
変調方式Up to MCS 7 (802.11n)
エアタイムフェアネス有効
802.11ac MU-MIMO (Multi-User MIMO)有効
OFDMA/802.11ax MU-MIMO(設定不可)
エクスプリシットビームフォーミング有効
インプリシットビームフォーミング有効
送信出力制御最高

これとは別に、LAN側の設定でジャンボフレームを有効にしてあります。

なお、うちの 2.4GHz 帯 Wi-Fi には、以下の機器を接続しています。(計10台前半くらい)

  • Amazon Echo シリーズ
  • スマート家電リモコン
  • アイリスオーヤマのスマートサーキュレーター
  • ルンバ
  • ブラーバ

今の所、かなり安定してはいるものの、あくまでも、僕の環境での話であって「これで安定しますよ」ということではないのでご注意ください。

コメントを記入