last update 2021年4月6日 23:05

RT-AX3000のWi-Fi 6設定メモ(5GHz帯、PC・スマホ向け)

年末年始に Wi-Fi ルーターを ASUS の「RT-AX3000」に買い替えたのですが、通信が安定するまでに少し時間がかかったので、自分用に設定をメモ。

今回は 5GHz帯、Wi-Fi 6 編です。

Wi-Fi ルーターを買い替えたタイミングで、対応機器は全て Wi-Fi 6(802.11ax)で接続するように変えたのですが、どうにも接続が安定せずパケットが詰まる感じで困っていました。

結果的には Wi-Fi チャンネルの衝突が主因だったわけですが、途中、そんな状態でも色々と足掻いた際の設定を、メモとして残しておきます。

(※自分用メモですので、設定は逐次更新するかも。)

RT-AX3000のWi-Fi設定メモ(5GHz帯、Wi-Fi 6)

周辺の 5GHz 帯はさほど逼迫してはいないものの、同じチャネルを使っている基地局は多少はある環境。Wi-Fi 6 対応機器のみを接続する前提で、Wi-Fi 6 の強みを活かせる「攻め気味」の設定としています。

RT-AX3000 はブリッジモードで使っています。

「ワイヤレス - 全般」の設定内容は以下のとおり。

ワイヤレスモードAX only
802.11ax / Wi-Fi 6 モード有効
Wi-Fi アジャイルマルチバンド有効
ターゲットウェイクタイム有効
チャンネル帯域20/40/80/160 MHz(160 MHz を有効化、をON)
チャンネル自動
(DFS を含むチャンネルの自動選択、をON)
拡張チャンネル   自動
認証方式(任意)
WPA 暗号化方式AES
管理フレーム保護使用可能
パスワードローテーション間隔3600

「ワイヤレス - 詳細(5GHz)」の設定内容は以下のとおり。

ローミングアシスト無効 
IGMP スヌーピング有効
マルチキャスト速度(Mbps)自動
AMPDU RTS有効
RTS しきい値2347
DTIM 間隔1
ビーコン間隔100
Tx バースト有効
WMM を有効にする有効
WMM 非確認応答を有効にする無効
WMM APSD を有効にする有効 
A-MPDU の最適化有効
エアタイムフェアネス有効
802.11ac MU-MIMO (Multi-User MIMO)有効
OFDMA/802.11ax MU-MIMODL/UL OFDMA + MU-MIMO
802.11ax/ac ビームフォーミング有効 
インプリシットビームフォーミング有効 
送信出力制御最高

これとは別に、LAN側の設定でジャンボフレームを有効化してあります。

なお、Wi-Fi 6 では以下の機器を接続しています。

  • M1 MacBook Air
  • iPhone 12 Pro
  • iPad Pro(2020)
  • Galaxy S10

「この設定で安定しますよ」ということではないのでご注意。環境差もありますしね。

コメントを記入