【楽天モバイル】180日間通信・通話しないと解約される場合がある

last update 2021年4月16日 17:00

月間1GBまで0円、という楽天モバイルのかなり攻めた料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」ですが、長期間使用しなかった場合、回線を停止・解約される場合がある、という話をご存知ですか?

※楽天モバイル公式サイトPDFより引用

このPDFには、以下のように規定されています。

ご契約中であっても180日間のデータ通信が0GBおよび通話が0回の場合等において、当社から事前通知のうえ、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/terms/pdf/rakuten_mobile_important_explanation.pdf?210401

ただし、自動解約の対象となるのは1GB以内なら月額0円となる1回線目のみ。最低料金が月額980円(税込1,078円)となる2回線目以降については自動解約の対象外となります。

180日間、というと約半年。その間、スマホから物理SIMを取り出したまま忘れていた、といったケースや「使わなければ無料だから」と取りあえず契約してみた方は、意識しておいた方が良さそうです。

また、スマホにSIMを入れている場合でも、例えば、デュアルSIM端末のメイン回線に ahamo の物理SIM、eSIM に楽天モバイルの回線を入れたまま無効化しているケースなどでは注意が必要となります。

楽天モバイルによれば、「普通に使っていれば自動解約になることはない」とのことで、利用停止・解約前には事前連絡があるとのこと。連絡が来てから通信・通話する、という対策・スタンスでも良いかもしれません。

なお、今回の利用停止・解約はデータ通信が1バイトでも行われていれば対象外で、請求の有無とは関係ありません。

これは具体的には、6ヶ月間ずっと毎月のデータ利用量が1GB以内で請求が0円だったとしても、自動解約の対象とはならない、ということです。

なお、豆知識ですが、SIM カードさえ有効化されていれば、Wi-Fi 接続したままスリープさせているスマホは、知らずに多少の4G/5G通信をしているケースは少なくありません。

コメントを記入