last update

裏でGPSを温めておけるアプリ「Gps Fix」とGPS捕捉の高速化

nasa_image

Android で GPS 対応アプリを使っていると、なかなか GPS をつかんでくれない。とか、精度が悪くてイライラする事ってありませんか?

例えば、モバイル Google マップでなかなか現在位置が表示されない。とか、Foursquare のチェックイン時や「新しいスポットの追加」時なんかに場所を手で修正するハメになった…。とか。

今回は、この手のイライラを解消してくれるかもしれないいつくかの方法と、GPS にまつわるいくつかのお話を紹介します。

※ 2012/7/18 無料版の広告について追記
※ 2012/4/6 Widgetsoid で通知領域からアプリを起動する件について追記

バックグラウンドで GPS を温めておけるアプリ「GpsFix」

多くの Android アプリでは、GPS 位置情報が必要になってから GPS 測位を始めます。

これは、バッテリ消費を最小限にする。という意味では良い仕様なのですが、逆にまどろっこしく感じる時もあるわけです。

例えば、お店で座ってから 4sq でチェックインしようとしたら venue が無くて、じゃあスポットを追加しようー、と思うも屋内だから GPS が拾えないじゃーん。みたいなケース。とか、Wi-Fi 測位だと位置のズレが酷くて、自分が今いる venue が探しにくい!とかとか。

そういう時のために、お店に入る数分前からあらかじめ GPS 測位を始めておけるアプリは無いものか…と思って調べたら…ありましたありました。GpsFix というアプリです。

※無料版をインストールすると通知領域にプッシュ広告が配信されます。結構、鬱陶しいので要注意です。

もちろん、世のスマホ中毒者は、GPS を温めているほんの数十秒~数分の間にも他のアプリを使い倒したいわけですが、GpsFix は「分かってるアプリ」で、バックグラウンドでGPS を ON にし続けてくれて、しかも、測位が完了するとバイブで知らせてくれるという親切ぶり。

GPS 捕捉が高速化されるわけではないので、勘違いしたと思われる方のアプリ評価はイマイチですが、用途がハッキリ分かっていれば、さほど不満はないアプリです。

GpsFix の使い方

パッと見使い方が分かりにくいかもしれません。が、起動すると自動で GPS 測位が始まります。

測位が完了すると、「Location fixed!」と表示されバイブでも知らせてくれる。という流れです。

「Start fixing」「Stop fixing」ボタンで GPS 測位の ON/OFF を手動コントロールする事もできます。

gpsfix3 gpsfix2

Android の「戻る」キーを押すと GpsFix は終了してしまいますが、「Home」キーやタスクスイッチャなどで別アプリに切り替えた場合は、裏で GpsFix が動き続けます。

ちなみにアプリ切り替え後、GpsFix アプリに戻ってきても自動でGPS測位は開始されませんので、GpsFix 起動時の自動 GPS 測位開始を活かしたいなら、使用後は戻るキーで GpsFix を殺しておくのが吉でしょう。

メニュー → 「Preferences」 → 「GPS timeout」から最大測位時間が設定でき、初期値は最大15分間に設定されていますので、GPS を OFF し忘れても安心です。

数分後に Google マップとかナビを使うつもり。と決めてるんだけど、今は別の事をしていたい。というケースでも便利に使えますし、カメラの写真にGPSタグ付けをする場合なんかでも使えるかもしれません。

GPS 捕捉が遅い場合の常套手段。「A-GPS」の更新

GpsFix は事前に GPS を温めておくだけのアプリで、GPS を高速化するわけではありません。

高速化が目的なら、A-GPS 情報の更新。という方法も試してみると良いでしょう。

ちなみに A-GPSってのは、GPS 衛星が今どの辺にいるか。をネット経由で取得して、GPSの拾いを早くする技術です。

これは、具体的には、GPS Test というアプリなら「メニュー」 → 「Settings」 → 「Update AGPS」 から更新できます。

GPS Test - Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chartcross.gpstest&hl=ja

あと、個人的なおまじないとしては、スマホの時計がずれていないかというのも気を付けていたりはします。

Widgetsoid で通知領域からアプリを起動できるようにすると便利

バックグラウンドで使うアプリ、とか、他のアプリと組み合わせて使うアプリは、Widgetsoid の機能を使って通知領域にアプリを登録するのがオススメです。

起動やアプリ切り替えがビックリするほど楽になります。

余談

大昔、Windows Moblie 機を使ってたときは、GPS Toggle というアプリでこの問題を解決していたんですが、数年前、Android にした時は、この手のアプリが無いの不満のタネだったんですね。というか正直な所、GpsFix は位置情報確定後に測位をやめてしまうのがちょっと不満なんですが、でも無いよりはマシと思います。

GPS関連の読みもの

最近は忘れられがちなんですが、もともと GPS 衛星コンステレーション米空軍第50宇宙航空団が運用する軍事システムで、それを民間でも利用させてもらっている。という側面があります。

2000年前後に GPS デバイスを使っていた方は、中東戦争やコソボ紛争の影響で GPS が安定せず変なところで戦争を実感した事をまだ覚えているかもしれません。

最近は、GPS 精度を地域単位で意図的に落せるシステムが運用されているとかいないとか…で、GPS 精度で戦争を実感する事はなくなったようにも思いますが、技術的には、色々と興味深い話の多い分野でもあります。

というわけで、以下に、GPS に関する読み物になりそうなページをいくつかリンクさせていただきます。

http://www.interq.or.jp/blue/rhf333/GPS.htm

http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/g/g0013.htm

http://home.s00.itscom.net/large/ELEC/gps/index.html

※ 見出し画像は NASA より。

コメントを記入