【WordPress】更新日を更新しない・好きな日時に変更できるプラグイン「WP Last Modified Info」。更新日での記事ソートも

last update 2021年7月26日 22:33

WordPress で記事の誤字訂正・アフィリエイトリンクの修正など、新しい情報はないのに「更新日」が更新されてしまう場合があります。

そんなとき、「更新日」を更新せずに記事を更新するのに便利なプラグイン「WP Last Modified Info」を紹介しておきます。

ダウンロードはこちらから。

WordPress 管理画面のプラグインページからの検索でもインストールできます。

更新日系の悩みを一挙解決できる「WP Last Modified Info」

「WP Last Modified Info」は、「更新日を更新しない・好きな日時に変更できる」だけのプラグインではありません。

説明ページで「最強の更新日プラグイン」を自称するだけあり、更新日がらみの悩みをほとんど解決できてしまう強力なプラグインで、例えば、以下のような機能を備えています。(抜粋)

  • 投稿・ページのカスタムフィールドに最終更新日のタイムスタンプを追加
  • 投稿・ページの前後に最終更新日を表示
  • 記事公開から何日経過したら最終更新日を表示するかを選択可
  • 検索エンジン向けに "dateModified" スキーママークアップを追加
  • 記事のソート順を(公開日でなく)最終更新日に変更
  • 最終更新日とセットで表示する文字列のカスタマイズ
  • 記事の更新情報のメール通知
  • 管理画面の投稿一覧に更新日・更新者の情報を表示

「WP Last Modified Info」で更新日を更新しない方法

「WP Last Modified Info」で更新日を更新しない方法は簡単です。

プラグインを有効化したら、個別記事の編集画面の右側にある「Last Updated」の鉛筆マークを開く →「Disable Update」にチェックを入れるだけです。

これで、この記事の更新日が更新されなくなります。

また、先の「Disable Update」は初期状態ではチェックが入っていませんが、これをまとめてチェックを入れることもできます。

これは、Wordpress のダッシュボード → 設定 →「WP Last Modified Info」→「Tools」を開き、「Check or Un-Check Disable Update Option」の中の「Check All」を押すだけです。

記事のソート順を最終更新日順にする

WordPress では通常、記事一覧画面は公開日順となっていますが、これを最終更新日順にすることもできます。

設定は、Wordpress のダッシュボード → 設定 →「WP Last Modified Info」→「Misc. Options」の、「Default Frontend Post Sorting Order:」の中の「Modified Post First」を選択 →「Save Settings」を押します。

プラグイン無効化後、記事の最終更新日は?

さて、気になるのが「WP Last Modified Info」を無効化した後、記事の最終更新日がどうなるかですが、テスト系で確認してみたところ、プラグインが有効化されていた時の最終更新日がそのまま引き継がれるようです

これは順当な仕様で、多くのケースで安心感のある判断と言えるでしょう。

個人的には何らかの方法で本当の更新日も取得できれば、ソート用と表示用の更新日を分けられて便利かも、とも期待していましたが、そこまでそちらは何らかのカスタムフィールドを用意して解決する方向かな、と思っています。

コメントを記入