Google AdSenseの新しいコードが公開。広告パフォーマンスが向上

last update 2021年7月30日 10:33

Google は 2021年7月19日、AdSense の新しいコードをリリースしたと発表しました。

新しいバージョンの広告コードでは広告最適化が従来より早くトリガーされるようになるため、広告のパフォーマンスが向上する、とのこと。

新しい広告コードは、広告ユニットと自動広告向けの両方が用意されており、それぞれ、以下のような形式となっています。

<広告ユニット>

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-123456" crossorigin="anonymous"></script> <!-- AD_UNIT_NAME --> <ins class="adsbygoogle" style="display:block" data-ad-client="ca-pub-123456" data-ad-slot="56789" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"></ins> <script> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); </script>
Code language: HTML, XML (xml)

<自動広告>

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-123456" crossorigin="anonymous"></script>
Code language: HTML, XML (xml)

パブリッシャーID の指定と crossorigin の定義が新たに追加されている形ですね。

この新しい広告コードは AdSense 管理画面からすでに発行可能となっています。

なお、古い広告コードからの乗り換えは必須ではないとのこと。ただし、新しい最適化機能の恩恵に預かるには当然、新しい広告コードが必要となります。

新しい広告コードの利用時には、以下に注意が必要とのことです。

  • サイト上に新旧の広告コードを混在させない。
  • 新しい広告コード全体でパブリッシャーIDに誤りがないこと。

広告の高速化と言えば、GPT でいう SRA 相当の機能が AdSense に無いのがずっと気になっています。AdSense はライトユーザーも多いですから、複雑な仕組みは導入するつもりがないのかもしれません。

ソース:

コメントを記入